横溝正史ミステリ短篇コレクション<br> 空蝉処女

個数:

横溝正史ミステリ短篇コレクション
空蝉処女

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月20日 15時22分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 462p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760149094
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

53
とうとう読み終えてしまった「横溝正史ミステリ短編コレクション」。金田一耕助シリーズ以外の短編を集めたこのコレクション、最終巻でも実にバラエティに富んだ作品が集められている。なんとSFまであるのどから。トリックにあふれ、人の機微に触れ、エンタテインメントを展開する。これを読み終えた今、今一度、金田一耕助シリーズを読みたくなってしまった。2018/07/06

HANA

50
著者の非名探偵をまとめたシリーズ最終巻。戦中から戦後まで、正統派の探偵小説からSF、戯作調等、どれもウィットに富んでいてロマンティシズム溢れる諸作を堪能できる。既読も多いが読んでいて興味深いのは・・・どれも面白いけれども特に「路傍の人」と「上海氏の蒐集品」。前者は名探偵の役割、後者は形を変えているものの『容疑者Xの献身』を思い出させて、両者とも後世話題になった事を思うと、著者の探偵小説への考えの深さを窺わせる内容となっている。何より巨匠のストーリーテラーぶりを、久々に心ゆくまで堪能できたのが幸せである。2019/12/31

ぐうぐう

25
角川文庫に収められたノン・シリーズの短篇で、現在入手困難な作品を収録した『横溝正史ミステリ短篇コレクション』も、これで完結。横溝の死後に発掘された表題作、同じく幻の作品として死後に大々的に刊行された『死仮面』併録の「上海氏の蒐集品」などを収録。巻末にあるエッセイが興味深い。海野十三追悼として書かれた「しゃっくりをする蝙蝠」で横溝は「作家としての海野さんに最初にあったのは私であり、また、海野さんに最後にあった作家も私である」と明かしていて、ほお!っと。(つづく)2018/11/23

まさ☆( ^ω^ )♬

8
横溝正史ミステリ短篇コレクションもとうとう最終巻になってしまった。他の長篇を読んでる合間に少しずつ読んで来ましたが、全6巻とても楽しい読書でした。本棚の手に取り易い場所に置いておき、今度はランダムに気の向くまま再読してみようと思います。この6巻に収録されている短篇は、ややテイストが軽いというか、猟奇的な事件はほぼ起こらず、読後感の良い物語が多かったイメージです。巻末付録のエッセイも良かったです。2021/12/12

寒っ!!

8
SFらしき小説は一編のみ。上海氏での女子高生の怖さは現代にも通じるものがある。各作家に関する論評も好きなように書いている。この巻を含めて横溝正史が書いているのを見て,エラリークイーンはバーナビー・ロスの名前を使うことによってエラリークイーンの名前では書けなかったことを書いたのかなと思う。2020/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12888640
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。