善と悪のパラドックス―ヒトの進化と“自己家畜化”の歴史

個数:

善と悪のパラドックス―ヒトの進化と“自己家畜化”の歴史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月01日 01時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 464p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757160804
  • NDC分類 469
  • Cコード C0040

出版社内容情報

「ジキルとハイドの人格をキメラのように併せ持つ人間。その理由を〈自己家畜化〉という新たな仮説で解説した瞠目すべき進化論」  山極寿一氏(霊長類学者・京都大学前総長)推薦

スティ―ブン・ピンカー(認知心理学者)
マット・リドレー(科学ジャーナリスト)他 絶賛!

寛容と暴力の人類史

最も温厚で最も残忍な種=ホモ・サピエンス。協力的で思いやりがありながら、同時に残忍で攻撃的な人間の特性は、いかにして育まれたのか?世界を舞台に活躍する人類学者が、〈自己家畜化〉という人間の進化特性を手がかりに、長年のフィールドワークから得られたエビデンスと洞察、人類学、生物学、歴史学、心理学の新発見にもとづき、人類進化の秘密に迫る。

内容説明

最も温厚で、最も残忍な種=ホモ・サピエンス。協力的で思いやりがありながら、同時に残忍で攻撃的な人間の特性は、いかにして育まれたのか?世界を舞台に活躍する人類学者が、“自己家畜化”という人間の進化特性を手がかりに、長年のフィールドワークから得られたエビデンスと洞察、生物学、歴史学の発見にもとづき、人類進化の秘密に迫る。

目次

人間進化における善と悪
パラドックス
攻撃性のふたつのタイプ
ヒトの家蓄化
平和を育む
野生動物の家畜化
ヒトの進化におけるベリャーエフの法則
暴君の問題
処刑
家畜化がもたらしたもの
善と悪の進化
圧倒的な力
戦争
パラドックス解消

著者等紹介

ランガム,リチャード[ランガム,リチャード] [Wrangham,Richard]
1948年生まれ。ハーバード大学生物人類学教授。専門は霊長類の行動生態学。国際霊長類学会名誉会長。ピーボディ博物館霊長類行動生物学主幹、ウガンダのキバレ・チンパンジー・プロジェクト理事をつとめるほか、アメリカ芸術科学アカデミーおよび英国学士院(British Academy)フェローでもある。その功績を称えて、英国王立人類学協会からリバーズ記念賞を贈られた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばたやん@かみがた

92
【ヒトが寛容性と暴力性を兼ね備える理由は?】それは「自己家畜化にある!」とするのが本書の結論です。動物の「家畜化」は、個体の暴力への衝動を減じ性格の温厚さをもたらすと共に、その身体へも頭蓋骨や体長を小さくし性差の縮小等の影響を与えます。一言で言うなら「幼若化」した新種な訳ですが、ヒトは自らの進化の中でその様な特徴を身に付けて行ったとします。(1/4)2021/09/06

Satoshi

14
霊長類学者による、理性的でありながら、残虐性も持ち合わせる人類に関する科学書。攻撃性には反応的なものと能動的なものがあり、反応的攻撃性を押さえる力を善、能動的攻撃性を悪と定義していることが面白い。自己家畜化により善を手に入れたが、その秩序を守るために悪が発生した。人類学と社会学的を入ったり来たりしながら解説していく論法は興味深く、勉強になる。国家の暴力、民衆によるリンチ、奴隷制、戦争、虐殺と暗い歴史も冷静に眺めることが可能かと思う。2021/06/21

eirianda

13
ヒトが自己家畜化していったことで攻撃性が減り協調性が増した。それをボノボとチンパンジーの比較で説明しているのだが、ボノボとチンパンジーで多くのページが割かれ、ヒトは原始人未開人など現代のヒトではなかった。最終章までの三章くらいでヒトの悪、戦争やアウシュビッツに触れまとめようとしている。全編今のヒトの善悪について示唆あるものを期待していたのでごめんなさい、ちょっと違った。文明化でなく自己家畜化という言葉は面白いけど。2021/08/06

イボンヌ

11
自己家畜化というキーワードをラジオで聴いて、この本を探しました。 チンパンジーとボノボを比較して考察されています。 チンパンジーが凶暴だという指摘に驚きました。 ボリュームある本であり、自己家畜化について今一つ理解出来ませんでした。 再読が必要です。2021/11/04

Hiroo Shimoda

10
人はなぜ平和を愛し協調的でありながら、時に冷酷な虐殺もするのか?を進化から探る。反応的攻撃性の抑制と、能動的攻撃性の発達、その原因とは?むちゃくちゃ面白い。2021/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16572613

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。