旭屋出版mook<br> 野菜料理の365日 - しばにさんちの食卓

個数:

旭屋出版mook
野菜料理の365日 - しばにさんちの食卓

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 13時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ AB変判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784751109632
  • NDC分類 596.3
  • Cコード C9477

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

きりぱい

7
肉がない!野菜多めではなく、本当に野菜だけのレシピだった。肉が使われていそうに見えて、実は肉っぽさをかもしているのは豆腐や揚げ、きのこ類。和風ポトフやピェンロー鍋でさえ肉がない。ふーん・・野菜のバリエーションが広がるというより、もはや豆腐や揚げ、きのこの可能性が広がっている気がしないでもない。ベジタリアンの著者が世界を旅した経験からとりいれた無国籍風なメニューも多い。イカの天ぷらかと思ったパコラと、ブラッケン豆腐が気になる(名前が!)。中華風白和えは味が薄かったので、ごまと醤油をちょっと足してしまった。2012/05/23

はっち

1
料理は作る人のいろんなものが反映されるから、レシピ本は作り方や段取りや盛付け、欄外メモまで、読み物としても楽しむ派の私は、作る人の考え方が合わないとただのレシピなのに読むのがダメになってしまう。初読の時あんまりワクワクしなかったので寝かしておいたのだが、うーん、なんとも。やっぱり好みじゃなかった。前後の文章から受ける印象(料理との付き合い方?)が特にダメだったわぁ。残念。2013/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4660087

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。