東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ<br> 首都直下地震―被害・損失とリスクマネジメント

個数:

東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ
首都直下地震―被害・損失とリスクマネジメント

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 128p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657190093
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0033

出版社内容情報

20××年、東京湾北部を震源とする巨大地震発生――。
その時、想定される事態をシミュレーションするとともに、私たちの被害と損失を最小化するための方策を提示する。

内容説明

20××年、東京湾北部を震源とする巨大地震発生。その時想定される事態をシミュレーションするとともに私たちの被害と損失を最小化するための方策を提示する。

目次

1章 日本と自然災害
2章 自然災害発生による被害と損失
3章 首都直下地震の直接被害
4章 首都直下地震による経済損失の推計
5章 首都直下地震の労働者及び生活者への影響
6章 リスクと防災

著者等紹介

福島淑彦[フクシマヨシヒコ]
早稲田大学政治経済学術院教授。スウェーデン王立ストックホルム大学Ph.D.in Economics(経済学博士)。専門分野:労働経済学、公共経済学、経済政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。