ヤマケイ文庫<br> 新編 黒部の山人―山賊鬼サとケモノたち

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ヤマケイ文庫
新編 黒部の山人―山賊鬼サとケモノたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月17日 15時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784635049269
  • NDC分類 384.35
  • Cコード C0175

内容説明

戦後、大衆登山黎明期に、北アルプス最奥部で暮らした人々のさまを活写した『黒部の山賊』(伊藤正一)。このベストセラー山岳名著に登場する愛すべき山人(やまど)、「山賊鬼サ」その人が語る山の民の生活譜。大自然に生きた生活者が披露する、いまや失われた山語り・猟語り、そして自分語り。巻末に解説「山の賢者」(池内紀)を収録。

目次

ボッカ・ガイド・遭難救助(ボッカ;ガイド;遭難救助)
イワナ釣り(職漁;イワナ釣り談義)
猟師(小物猟;クマ;カモシカ;根拠地と荷揚げ;カモシカ狩り・そもそもの初めから ほか)

著者等紹介

鬼窪善一郎[オニクボゼンイチロウ]
通称・鬼サ。1914年7月、長野県北安曇郡広津村(現・池田町)に生まれる。青年期より狩猟を始め、自他ともに認める健脚を生かして、ボッカ、ガイド、イワナ釣りなど、山での仕事に携わり続けた。北アルプス遭難救助隊員を務め、大町案内人組合の有力メンバーでもあった。後年は黒部五郎小屋を経て三俣山荘の管理人となり、多くの登山者に親しまれた。1996年10月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

087115

2
山で生きる生々しい人生がここにある。2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18314944

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。