ハーパーBOOKS<br> レッド・クイーン

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ハーパーBOOKS
レッド・クイーン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月03日 12時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 584p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596550484
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報



ヴィクトリア・エイヴヤード[ヴィクトリアエイヴヤード]

田内志文[タウチシモン]

内容説明

貧しい村で家族と暮らす少女メアは、ある日、不思議な力に目覚める。それは奴隷階級の“レッド”が決して持つはずのない、支配階級“シルバー”の力だった。メアは王家に直ちに捕らえられ、死を覚悟するが、命と引き換えに名前を奪われ、“行方不明になっていたシルバーの王女”に仕立て上げられてしまう。宮殿で待ち受ける謀略と裏切り、冷酷な国王と二人の王子―果たしてメアの運命は。

著者等紹介

エイヴヤード,ヴィクトリア[エイヴヤード,ヴィクトリア] [Aveyard,Victoria]
マサチューセッツ州イースト・ロングメドーで生まれ育つ。南カリフォルニア大学で脚本を学び、学位を取得。卒業後、2015年に『レッド・クイーン』でデビューを飾り、たちまちNYタイムズのベストセラー1位を獲得。現在は西海岸と東海岸を往復する生活を送る

田内志文[タウチシモン]
1974年生まれ。埼玉県出身。翻訳家、文筆家、スヌーカー選手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

144
【レビュアー大賞】久しぶりの海外翻訳作品でしたが、読みやすいレベルでした。好きな人には好きな作風なんでしょうね〜。『シンデレラ』をベースにしながら、アクションとファンタジーを融合させた内容で、ちょっとしたラブロマンスも盛り込まれています。'奴隷'世界の主人公「メア」がふとしたキッカケから'王女'になり、環境の変化に戸惑いながらも成長していく姿に応援したくなります。信じることの大切さやある意味難しさが伝わります。海外翻訳作品にちょっと敬遠気味な読者さんも本作から手にとってもらえれば、入りやすいのかなと。2017/08/30

海猫

87
ファンタジーで、陰謀劇あり、能力者バトルあり等々要素を盛っていて面白くないわけではない。が、いかんせん語り口が全体にくどく、各人物もいまいち魅力的に描けてないので鈍重で大味な印象。その上で本が分厚いのもあんまり有難くない。この内容で引き締まったタッチで展開するとだいぶ違う気がする。それでも終盤の展開は読ませるし、次巻への引きも気にはなるのだが。2017/12/19

nico

78
絶対的権力に立ち向かう一人の少女の奮闘を描いたファンタジー。世界の両極に存在する支配者・シルバーと奴隷・レッド。メアはレッドとして生まれたのにシルバーしか持ち得ない特殊能力に目覚めてしまい、過酷な運命に翻弄される。おとぎ話のようなシンデレラ・ストーリーかと思いきや、とんでもない。自由を勝ち取るために体をはって戦い抜く。嘘、嫉妬、裏切り…と最後まで気が抜けない展開にハラハラした。この戦いはまだ序章。今後のメアに期待したい。何が真実かではなく、人は何を信じるのか…信じた先に新しい夜明けが待っていることを願う。2017/08/27

hit4papa

70
本作品は、シンデレラストーリーに超能力集団とのアメコミ的なバトルあり、三人の男性に心揺れる恋愛模様ありと様々な要素をぶっこんだ異世界ファンタジーです。どこかで見たことあるような設定ですし、主人公に力強い魅力を感じないせいか読み進めながらの中だるみ。後半まで引っかかりがあり低い評価でしたが、クライマックスは疑問を払拭しつつ手に汗握る展開を用意してくれていました。次への期待を残す終わり方は成功していると思います。主人公の心もとなさも、徐々に成長していくと考えれば、三部作の導入部としては良いのかもしれません。2017/03/14

えりこんぐ🐤

69
献本当選本。翻訳×ファンタジー。苦手な分野と分厚さに気合いを入れて読み始めたが、意外と面白い!ハマってしまいました(*⁰▿⁰*) 奴隷階級レッドの娘・メアの目まぐるしい運命。突然王室に入れられ、誰を信用していいのかわからない毎日。ハラハラドキドキだった。ラストはここで終わり?と思いきや、続編がいくつか刊行されているらしい。。日本上陸はまだ先になりそうね〜。待ち遠しい!2017/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11491832

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。