終わらない“占領”―対米自立と日米安保見直しを提言する!

個数:

終わらない“占領”―対米自立と日米安保見直しを提言する!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月24日 12時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 234,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589035240
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C1031

内容説明

敗戦と占領、朝鮮戦争勃発と自衛隊の発足、「独立」と引き換えの日米安保条約・地位協定の締結、沖縄の本土復帰、日米安保「再定義」から米軍再編・再々編へという現在までの戦後の日米安保体制を中心にした日米関係の歴史と現状を、終わらない占領という視点からあらためて検証し直す。

目次

第1部 戦後史における日米関係の実相―いまも続く事実上の占領(日米関係の実相―終わらない「占領」;属国問題;戦後日本における沖縄の位置;自衛隊の歴史と米軍との関係史;)
第2部 政権交代と普天間基地問題の変遷―対米自立の模索と挫折(日本は本当に民主国家・独立国家なのか―対米従属から対米自立への転換を;民主党政権と米軍再編;日米地位協定にみる日米関係―未だ占領下の日本・沖縄)
第3部 米軍再編と在日米軍基地から見える本質―「目下の同盟」と「軍事植民地」(米国が用意する日本の対中国参戦態勢の口実―「接近阻止・領域拒否」概念と「エアシー・バトル」を中心に;沖縄密約と秘密保全法;米軍再編と沖縄米軍基地;岩国から見えるもの)
第4部 煽られる領土問題の深層―米国による東アジア分断政策の影(尖閣諸島にどう対処すべきか;日韓領土問題と戦後アジア秩序―二つのシステムの併走と未決の歴史問題;北方領土問題について考える―問題解決を遠ざけている者どもを一掃せよ)

著者等紹介

孫崎享[マゴサキウケル]
1943年生まれ。旧満州国鞍山出身。1966年東京大学法学部中退、外務省入省。英国、ソ連、米国(ハーバード大学国際問題研究所研究員)、イラク、カナダ(公使)勤務を経て、駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002年より防衛大学校教授。この間公共政策学科長、人文社会学群長を歴任。2009年3月退官。著書に『日本外交―現場からの証言』(第2回山本七平賞受賞)等

木村朗[キムラアキラ]
鹿児島大学教員、平和学専攻。1954年8月生まれ。北九州市小倉出身。現在川内原発差し止め訴訟原告団副団長を兼任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。