地球温暖化対策の最前線―市民・ビジネス・行政のパートナーシップ

個数:
  • ポイントキャンペーン

地球温暖化対策の最前線―市民・ビジネス・行政のパートナーシップ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589030573
  • NDC分類 451.35

内容説明

再生可能エネルギーの普及、新しい省エネ技術の活用などを中心に、市民、行政、ビジネスが連携した温暖化防止の取り組みを紹介。

目次

再生可能エネルギーのすすめ
第1部 省エネルギー 温暖化防止の生命線(これだけ減らせる 家庭でできる温暖化対策;キーワードはパッシブソーラ―OMソーラーの家づくり;建築物の環境性能評価―CASBEE大阪;温暖化対策と自治体交通政策)
第2部 新エネルギー 大規模集中型から小規模分散型に(広がる!市民共同発電所;温暖化防止と地域活性化の両立―地域通貨を活用する野洲の経験;コージェネレーション―電気と熱を同時に)
第3部 循環型社会をパートナーシップで(Hello!菜の花プロジェクト―資源循環をみんなの手で;循環社会を築く市民・行政のパートナーシップ)
地球温暖化対策の展望―社会的ジレンマの観点から

著者紹介

遠州尋美[エンシュウヒロミ]
大阪経済大学経済学部教授

渡邉正英[ワタナベマサヒデ]
大阪経済大学経済学部講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

再生可能エネルギーの普及と新しい省エネ技術の活用などを中心に、市民・ビジネス・行政の立場での取り組みを紹介。待ったなしの状況にある地球温暖化防止の展望をさぐる。