論創ノンフィクション<br> 香港存歿―自由と真実に関する一考察

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

論創ノンフィクション
香港存歿―自由と真実に関する一考察

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月21日 03時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846021344
  • NDC分類 924.7
  • Cコード C0036

出版社内容情報

中国の統制が強まる香港。自由が制限され、言論が弾圧されながら、ペンを剣にして政府に抗い、社会運動にも積極的に参加する哲学者がいる。香港は絶望から脱出することができるのか。渾身の力で発する張燦輝の言葉に、かすかな希望の光を感じる。

内容説明

2019年の逃亡犯条例改正反対運動を経て、香港はどこへ向かうのか。自由が制限され、言論が弾圧されながら、ペンを剣にして政府に抗い、社会運動にも積極的に参加する哲学者がいる。香港は絶望から脱出することはできるのか。渾身の力で張燦輝が発する言葉に、かすかな希望の光を感じる。

目次

第1章 中文大学の危機(思想の自由は永久不滅;中文大学への鎮圧を忘れない ほか)
第2章 真理の危機(人間になる;良知を問う ほか)
第3章 実存の危機(自由と実存の危機;真実 ほか)
第4章 自由と法治(スピノザ『神学・政治論』を読む;モンテスキュー『法の精神』を読む ほか)
第5章 補足記事(レノン・ウォールの世界;どうやって大学を潰すか ほか)

著者等紹介

張燦輝[チョウサンキ]
1949年香港生まれ。フライブルク大学哲学博士。香港中文大学文学部教授・同大学通識教育センター長(2012年退職)。専門はハイデガー研究。写真家。篆刻家。ロンドン在住

張政遠[チョウセイエン]
1976年香港生まれ。東北大学大学院文学研究科博士。香港中文大学文学部講師を経て、東京大学大学院総合文化研究科准教授。専門は日本哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。