叢書・ウニベルシタス<br> スピノザと表現の問題 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
スピノザと表現の問題 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月27日 12時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 441p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099786
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C1310

目次

表現の役割と重要性
第1部 実体の三つ組(数的区別と実在的区別;表現としての属性;属性と神の名称;絶対者;力)
第2部 平行論と内在性(平行論における表現;二つの力と神の観念;表現と観念;非十全性;デカルトとスピノザ)
第3部 有限様態について(様態の本質、無限から有限への移行;様態の存在;身体は何をなしうるか;三つの秩序と悪の問題;倫理的世界観;共通概念;第三種の認識に向かって;福)
スピノザにおける表現の理論(哲学における表現主義)

著者等紹介

ドゥルーズ,ジル[ドゥルーズ,ジル] [Deleuze,Gilles]
1925年生まれのフランスの哲学者。1969年からパリ第八大学教授をつとめる。ドゥルーズは概念の創造に哲学本来のあり方を探り、自ら概念を新たに創造することによって哲学を作り直そうとした。1995年11月4日死去

工藤喜作[クドウキサク]
1930年横浜に生まれる。東京教育大学大学院博士課程満期退学。筑波大学名誉教授、目白大学名誉教授。文学博士。2010年死去

小柴康子[コシバヤスコ]
旧姓・中村。1956年千葉県に生まれる。東京女子大学文理学部卒。筑波大学大学院博士課程満期退学

小谷晴勇[コタニハルオ]
1960年横浜に生まれる。筑波大学大学院博士課程満期退学。日本哲学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。