叢書・ウニベルシタス<br> ローマ―定礎の書

個数:

叢書・ウニベルシタス
ローマ―定礎の書

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 459p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588005404
  • NDC分類 232
  • Cコード C1310

出版社内容情報

ローマ帝国の定礎に潜む数々の暴力と死への洞察を通じて,歴史と文化を支えている暴力の支配から脱出して安らかな多様体としての文明創出の道を探る歴史哲学の書。

内容説明

死体の上に定礎された文明―ティトス・リウィウス『ローマ史』をもとにローマ定礎にまつわる数々の暴力を掘り起こして歴史の暗黒を暴き、人類が暴力の支配を脱して第三項を排除しない安らかな多様体としての文明を創出する道をさぐる。歴史と文化の定礎の書。

目次

ローマの栄華―白蟻の寓話
黒と白―被覆
帝国と選挙―死者
排除される第三項
群集