わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして―Difficult?Yes.Impossible?…No.

個数:
  • ポイントキャンペーン

わたしの「不幸」がひとつ欠けたとして―Difficult?Yes.Impossible?…No.

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2018年09月24日 08時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138441
  • NDC分類 589.21
  • Cコード C0095

内容説明

衝撃の告白。―そこから紡ぎ出された言葉に感涙する。借金を背負った家族。返済を続ける日々。潰瘍性大腸炎と子宮頚がん。女優、30歳。「幸せ」な未来を信じることができる30のメッセージ。

目次

1 幸せについて考える(つらい経験は、優しさを与えてくれる;お金がないことが不幸なのではない。それを不幸と感じることが不幸なのだ ほか)
2 信頼する人たちに囲まれている(信頼したい人のことを知ろうとする;愛されているという信頼は「守るべきものがある」と自分を強くする ほか)
3 演技に生かされて(「対等でいこうな、対等な」;「女優顔じゃない」難しいことに挑戦するから意味がある ほか)
4 未来を生きる(つらい経験は「全力でできること」への達成感を教えてくれる;美しい人がかもし出す「美」の理由は容姿だけじゃない ほか)
5 子宮頚がんとわたし(子宮頚がんにかかって伝えたいこと;「またね」は「また会える」という願掛け ほか)

著者等紹介

高橋メアリージュン[タカハシメアリージュン]
1987年11月8日生まれ。滋賀県出身。「横浜・湘南オーディション」でグランプリを獲得し、芸能界デビュー。2006年3月からファッション誌「CanCam」の専属モデルを務める。2012年、NHK連続テレビ小説「純と愛」で女優デビュー。以降、映画、ドラマ、舞台などで活躍の幅を広げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

圧倒的な存在感を放つバイプレイヤー女優。誰もが憧れる容姿、演技の裏には壮絶なる過去が。病気、闇金、友人の死…。それでも輝く理由。