双葉文庫<br> 初音の雲―町触れ同心公事宿始末

個数:
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
初音の雲―町触れ同心公事宿始末

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 21時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575663266
  • NDC分類 913.6

内容説明

弘前津軽藩に対する南部藩の宿怨が元で、南部藩の浪人で真貫流四天王の一人・相馬大作が津軽藩主の行列を襲撃した。密告により相馬ら一党は捕縛されたが、相馬の意を遂げようとする残党が不穏な動きをみせていた。真貫流の遣い手で町触れ同心の多門慎吾は、治安を守る職務と門流の浮沈のはざまに立たされながらも、同門の士の動きを封じるべく探索にのりだす。好評シリーズ第三弾。

著者紹介

藍川慶次郎[アイカワケイジロウ]
新潟生まれ。鎌倉在住。本作は、南町奉行所の町触れ同心・多門慎吾と、鎌倉東慶寺との縁を持つ公事宿の女主人・お寿々が、市井で起こる事件を解決していく人情時代小説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)