マンガ脚本概論―漫画家を志すすべての人へ

個数:
電子版価格
¥2,420
  • 電書あり

マンガ脚本概論―漫画家を志すすべての人へ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月30日 19時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 409p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784575316629
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0076

出版社内容情報

さそうあきら氏は2006年より京都精華大学マンガ学部でストーリー部門の教鞭とって本年退職。15年に及ぶマンガ創作術のノウハウをこの作品に込めました。本作では、さそう氏が長年の実績と経験から構築した「漫画のためのシナリオ術」を惜しみなく披露しています。漫画家を目指す者たちにとって実践的な「マンガ教室」となっています。

内容説明

京都精華大学マンガ学部で教鞭を取り、のべ1000人の学生を教えてきたさそう先生が惜しげもなくその物語創作術を指南!

目次

「アイデアを発想する」
「『はじめてのおつかい』というストーリーモデル」
「問題が提起される瞬間とは」
「問題の大きさとストーリーの尺」
「身につまされる問題とは」(前編)
「身につまされる問題とは」(後編)
「二つの起承転結」
「ストーリーに原型はあるのか?」
「『手錠の二人』というストーリーモデル」
「一語で表現されるキャラクター」
「キャラクターの魂を吹き込む」
「五感に訴える表現」
「見てきたような嘘をつけ」
「『本当らしさ』とは何か」
「テーマって何だろう」
初出
注釈
あとがき

著者等紹介

さそうあきら[サソウアキラ]
1961年生まれ。兵庫県出身。早稲田大学在学中、早稲田大学漫画研究会に所属する。’84年「シロイシロイナツヤネン」でちばてつや賞大賞を受賞し、デビュー。’99年、「神童」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞と手塚治虫文化賞マンガ優秀賞をダブル受賞。’08年「マエストロ」で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を再び受賞。’06年~’21年、京都精華大学マンガ学部で教鞭を取る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ニョンブーチョッパー

7
★★★★★ 全編漫画なのでするする読める。どんな考えをたどって漫画が作られていくのかがよく分かって興味深い。ストーリー作り、キャラクター造形、作画。漫画家っていろいろな役割をこなさなくちゃいけなくて大変。ハリウッドの脚本は起承転結ではなくて三幕形式だという記述が最も印象に残った。2023/05/20

しゅー

6
★★★マンガに限らず、物語の創作を志す人やフィクションをより深く楽しみたい人に、広くオススメできる本だった。脚本術の本の古典をしっかり踏まえたうえで、それをかみくだき、さらには著者の実作を踏まえて解説してくれるので非常にわかりやすい。起承転結は単純すぎるし「英雄の旅」は複雑すぎるんだよねぇって方にも大丈夫。両者の中間くらいのうまい説明をしてくれています。読みながら痛感したのは「ひきだし」の多さの必要性と、それに基づくアイデア出しの大切さ。マンダラチャートやマインドマップって、こういうところでも使えるのね。2023/04/09

プロムナード

5
あまりにも良書で感動。当代一流の漫画家としての実力+京都精華大で15年教えた経験+ハリウッド脚本術はもとより純文、エンタメから童話、絵本、演劇まで射程の広い参考文献と、役に立たないはずがありません。講義自体がマンガになってるのも贅沢なのですが、実例を「自作」してしまうところも凄まじい。講義も実例も、さそう先生のマンガの上手さにうならされつつ(巻末の実作にはぼろぼろ泣きました)、その内容の有用性にも興奮しました。脚本術なので小説にもほぼそのまま役立つ内容。10倍の値段の価値があります。2023/10/08

Fumitaka

3
あらためて脚本や配役の効果について図解していただけたと思います。ファンタジーに重要なのは異なる価値観を示すことであって設定を見せることではない(p. 127)というのはシュヴァンクマイエルも言っていたことで、もう少し後ろの「読者が食べたいのは肉であって骨組みではない」(p. 211)とも関連しているのではないでしょうか。その肉付けというか味付けこそが対照的な登場人物やストーリー上の枷から来る迫真性、とか改めて認識させていただきました。キングの『書くことについて』の「テーマ」に関するくだりが出て来て嬉しい。2023/02/13

とんび

2
マンガのための脚本論、というより漫画で描かれた脚本論という感じで、漫画以外の脚本全般に通用する内容に思います。例に出ている作品には映画も多い。 個々の解説もなるほどと頷く内容ですが、作例のマンガが面白いので説得力が半端ない。2022/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18542951
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。