日本語はこわくない

個数:
電子版価格
¥1,400
  • 電書あり

日本語はこわくない

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月21日 13時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569850979
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0081

出版社内容情報

 「おざなり」「なおざり」はどう違う?
「よろしかったでしょうか」は間違い?

ふとした瞬間、「あれ、この日本語の使い方で合ってる?」と頭によぎり、うまく言葉が出てこなかった経験があなたにもあるのではないでしょうか。

本書は、『三省堂国語辞典』の編集委員が、そんな日常でよく使われる日本語の疑問に答えた1冊です。
「『普通においしい』って、どんな意味?」「『こんにちわ』か? 『こんにちは』か?」など、長年の疑問が解消されること請け合いです。

「国語辞典を作っている私は、ネット上などでいろいろな質問を受けます。『こういう言い方はOKなのでしょうか』と深く悩んでいる人もいれば、『こういう言い方は許せませんよね?』と息巻く『警察側』らしき人もいます。本書はとてもささやかな本ですが、読み終わる頃には、ピリピリした気持ちがなくなって、『日本語って、そんなに怖くないんだな』と、楽になるかもしれません」(本書「はじめに」より抜粋)

内容説明

「ご苦労さま」「お疲れさま」どっちを使う?「よろしかったでしょうか」は間違い?長年の謎がスッキリ!『三省堂国語辞典』の編集委員が語る、ことばを楽しむ41編。

目次

第1章 敬う日本語―敬語だって変化する(「ご質問」が失礼ならどう言えばいい?;「ご」も「お」も両方使えることば ほか)
第2章 書き分けたい日本語―ルールはあるけれど(漢字で書くか、仮名で書くか?;「受け付け」の「け」はいる?いらない? ほか)
第3章 似ている日本語―どこか違うらしい(「おざなり」「なおざり」はどう違う?;「重い」「重たい」1字の有無で違いは? ほか)
第4章 こわくない日本語―正しさはあなたが決める(「ら抜きことば」を見分けるには?;「全然」の下は肯定も否定も「アリ」 ほか)

著者等紹介

飯間浩明[イイマヒロアキ]
1967年、香川県高松市生まれ。国語辞典編纂者。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院博士課程単位取得。2005年、『三省堂国語辞典』編集委員に就任、国語辞典編纂のために、さまざまなメディアや、日常生活の中などから現代語の用例を採集し、説明を書く毎日(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とよぽん

65
辞書の作り手である飯間浩明さんが「正しい日本語」を決めるのは官公庁や学者ではなく、言葉の使い手であるあなた自身だと言い切っている。いろいろな言い方、表現を耳にすると、飯間さんは「新しい言い方」を喜ぶそうである。この本では、特に後半の部分が面白く、私も気になっていた言葉がいくつも出てきた。2022/04/07

いちろく

37
帯の「ご苦労さま」「お疲れさま」どっち使う?に惹かれて手にとった一冊。辞書編纂者である著者が描くエッセイは、 日常で見かけたり、よく使われる日本語に対して、正誤を表記するよりも使い方や理由を提示してくれる内容でした。知らなかった事柄については、喉に刺さった骨が取れたような感覚で心地よかった。余談ですが、私は本を紹介して貰った敬意で「~していただく」という表現をよく使うのですが、この記載もありました。引き続き使用します。2022/01/13

えっくん

32
★★★★☆SNS等で日本語の誤用を指摘する日本語警察が蔓延る昨今ですが、国語辞典を編纂してきた著者が個々の事例を解説。目上への「ご自愛、ご苦労様、なるほど」も根拠がなく誤用と扱われてしまった可能性があることや、その他、よく似た言葉の使い分けや重言と指摘されている表現の著者の見解は興味深いものでした。言葉は多数決で決まり、本来の意味が変わってしまうのも仕方がないとしつつ、正しい日本語の基準はないという見解にも安心感があります。ただ誤用ではないとしても相手に誤解を与えるなら使わない方が無難という気がしました。2022/02/03

棕櫚木庵

19
1/3) 著者は辞書編纂に係わる日本語学者.「誤用」とされる日本語表現について,本当に間違っているのか,過去の用例も考慮しながら一つ一つ説明した本.「日本語警察」(p.3)とか「フェイクマナー」(p.54)という言葉からも分かる通り,比較的緩やかな立場から,過度な誤用批判を斥けている.その一方で,「相手に届く表現」(p.189)としては不適切な言葉遣いの指摘もある.まぁこの辺は,どこでバランスを取るか人さまざまだろうけど,私は,著者の立場におおむね共感できた.以下,面白かった例をいくつか.2023/03/13

マカロニ マカロン

19
個人の感想です:B。新語の採用に積極的な『三国』の編集に携わっているだけに、「全然面白い」、「違和感を感じる」「大丈夫です」などの使い方に肯定的。「爆笑」を『三国』では「もともと笑う人数は何人でもよかった」としているが、同じ三省堂の『新明解』では「一斉に」だし、『広辞苑』では「大勢が」になっている。飯間さんの「正しい日本語」を決めるのは「結局、あなた自身です(中略)ただし、他人には自分の好みを強要しないのがいいでしょう。自分自身にとっての「正しい」を決めて、相手に届く表現を目指そう」という考えに賛成!2022/05/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19048398
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。