「力の大真空」が世界史を変える―構図が変化し始めた国際情勢

個数:
電子版価格 ¥1,279
  • 電書あり

「力の大真空」が世界史を変える―構図が変化し始めた国際情勢

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月20日 17時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569837062
  • NDC分類 319
  • Cコード C0030

内容説明

「地政歴史学」でシミュレートした東アジアの近未来。朝鮮半島、南シナ海で、“米中パワーゲーム”勃発!日本は「利害関係ある善意の部外者」として、勝ち組に残る戦略を。

目次

第1部 新たな「力の大真空」の時代(「力の大真空」とは何か、なぜそれが重要なのか;米中露・三大国パワーゲームの新段階;中東で最近生じた「力の大真空」 ほか)
第2部 「力の大真空」を地政歴史学的に分析する(地政歴史学とは何か;「力の大真空」の歴史的事例;二〇世紀前半に起きた「力の大真空」 ほか)
第3部 東アジアの「力の大真空」と日本の戦略(朝鮮半島の現状を検証する;シミュレーション・朝鮮半島を握る者は誰か;シミュレーション・南シナ海を握る者は誰か ほか)
エピローグ―日本と米国に「力の大真空」が生じる可能性

著者等紹介

宮家邦彦[ミヤケクニヒコ]
1953年神奈川県生まれ。78年東京大学法学部を卒業後、外務省に入省。76~77年米ミネソタ大学、台湾師範大学、79年カイロ・アメリカン大学、81年米ジョージタウン大学で語学研修。82年7月在イラク大使館二等書記官、86年5月外務大臣秘書官、91年10月在米国大使館一等書記官、98年1月中近東第一課長、同年8月日米安全保障条約課長、2000年9月在中国大使館公使、04年1月在イラク大使館公使、同年7月中東アフリカ局参事官などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

朝鮮半島で「力の真空」状態が生じ、米・中・露のパワーゲームが勃発! 日本は「善意の部外者」戦略で、存在感を示せるか?