評論社の児童図書館・文学の部屋<br> 危機のドラゴン

個数:
  • ポイントキャンペーン

評論社の児童図書館・文学の部屋
危機のドラゴン

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 221p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784566012264
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

内容説明

ハナ、ザカリー、サラ・エミリーの三人きょうだいは、春休みに、ふたたび孤島をおとずれた。かけがえのない友、三つ頭の竜ファフニエルに会うために。竜は、あいかわらず“ドレイクの丘”の洞窟にいた。しかし浜辺には、怪しいヨットと人影―。マヒタベルおばさんの許可なしには、だれも、孤島には上陸できないはずなのに。危険を感じた三人は、竜に警戒を呼びかけるのだが…。

著者等紹介

ラップ,レベッカ[ラップ,レベッカ][Rupp,Rebecca]
アメリカの作家。主に児童向けの物語や科学読み物を発表するかたわら、息子3人を在宅学習で育てた経験をもとにして、この分野の教育書も手がける。また細胞生物学の博士号を取得し、『悩みそゼミナール』(原書房)などの著作を発表するなど、雑誌、テレビも含めて幅広い活動をしている

鏡哲生[カガミテツオ]
1965年、東京生まれ。小学校時代をアメリカのオハイオ州で過ごし、帰国して上智大学文学部卒業。放送局勤務を経て通訳や翻訳の仕事にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

花林糖

17
<オール・ハロウズ・イヴ(All Hallow's Eve)Fantasy読書会>今作はドラゴンの存在を探る怪しい人物が登場するお話で、前作同様とても良かった。ファフニエルが話す過去話も◎。マヒタベルあばさんとファフニエルの再会話を是非読んでみたい。2019/10/24

うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)

7
竜たちが語る話を聞いていると辺りの情景が薄れていき、物語の世界の中に入っていくという設定が面白い。この本が2巻目だということを知らずに読んでしまったので、1巻目も読んでみたい。★★★2008/09/30

みよちゃん

2
危機とは無人島に許可なく来た男たち。兄弟たちはドラゴンの話を聞きながら、乗り越えていく。前作同様、ドラゴンの話しが面白く、楽しめた。2019/11/04

saori

1
まえのいっかんでは、ファフニエルとしりあって、はなしをしてもらっておわりだったけど、こんかいは、危機というとおり、Fのそんざいをしったひとにねらわれて、ききにおちいった。2012/04/28

863

0
また、会えるといいな2014/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/23974

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。