ちくま学芸文庫<br> 暗殺者教国―イスラム異端派の歴史

個数:

ちくま学芸文庫
暗殺者教国―イスラム異端派の歴史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年02月23日 19時08分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 227p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784480086563
  • NDC分類 228

内容説明

ニザリ・イスマイリ教国を奇怪という言葉だけで片付けるわけにはいかない。暗殺を政治手段とするこの王国は、10世紀末から13世紀央まで、バグダードのカリフ朝に拮抗する宗教的権威をもった。武力的・政治的にはセルジューク帝国と対抗し、世界の3分の2を当時席捲したモンゴル帝国とも敵対した。つまりこの暗殺者教国は、決して一時的、変則的現象とはみなせないのだ。ならば、この教国の奇怪な活動の基底には何があったのか―その全貌に迫る。

目次

ゴールバント渓谷のイスマイリ派
アッサシン(暗殺者)の由来
ニザリ教団とその開祖
暗殺者の王国
ニザリとセルジューク・トルコ族
チンギス・ハーンの中央アジア征伐
首都カラコルム
モンゴル将軍ギドブハ
ニザリ教団の滅亡
天文学者と歴史家の邂逅
ギドブハの死
イスマイリの復興
ニザリ思想の系譜と展開
ニザリ城寨の遺蹟

著者紹介

岩村忍[イワムラシノブ]
1905年北海道小樽市生まれ。1926年アメリカのオタワ大学卒業。カナダのトロント大学大学院修了後、文部省民族研究所を経て京都大学人文科学研究所教授。主に遊牧史、東西交渉史を専攻、長期にわたって実地調査にあたる。1988年没