個数:
電子版価格
¥1,485
  • 電書あり

スタートアップ芸人―お笑い芸人からニートになった僕が「仲間力」で年商146億円の会社をつくった話

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月24日 09時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478118535
  • NDC分類 335
  • Cコード C0030

出版社内容情報

◎貯金ゼロ、高卒、4年間のニート生活。著者はいわゆる「社会的弱者」といわれる存在だった。だが、現在、11事業で年商146億円の企業を経営している。社会的弱者でも、「仲間力=仲間をつくる力」があれば人生は大逆転できる。                          

◎著者はNSC(吉本総合芸能学院)の18期生として入所し、お笑い芸人として活動していた。ある若手の大会で決勝まで残ったが、野性爆弾に30対0で完敗。そこから4年間、引きこもりニートになってしまった。その後、高校時代の仲間、NSC同期の激励で長いトンネルを抜け出し、一念発起して起業した。まさに金なし、コネなし、学歴なしの「スタートアップ芸人」だ。

◎そんな著者も今や「Financial Times」急成長企業未上場日本一、「ベストベンチャー100」受賞、経済産業省認定「地域未来牽引企業」、新卒500人採用、11事業すべて黒字化、創業以来18年連続増収増益。現在は化粧品、人材、広告、美容、アート、YouTubeなど関連のない全11事業を黒字化させ、ワクワクしながら本気で1兆円企業を目指している。             

◎本書では「仲間力」をキーワードに、タネと水で仲間を集める、仲間を見極める、仲間を成長させる、仲間との絆を深めるしくみ、顧客を仲間にする、取引先を仲間にする方法などビジネスで役立つノウハウが身につく本でありながら、強烈なモチベーションがもらえるガソリン本でもある。

◎日本では「友達と起業すると失敗するからやめておけ」といわれる。だが、著者は仲間と起業するからこそ成功できるという。幼稚園からの幼なじみと起業。採用基準は“友達になれそうな人”を掲げ事業は多岐にわたる。特にすさまじい伸びを示しているのが「人材事業」(「人の辞めない」正社員派遣という新市場開拓)、「化粧品事業」(「オルナ オーガニック」シリーズはアマゾン年間売上1位)だ。今期は新卒500人、来期は1000人の新卒が入社。入社希望は中途も含め年間3万人いる注目著者、初の著書。

内容説明

人生は「仲間力」が9割!元芸人社長が明かす6大奥義。初公開!仲間力アップマル秘マニュアル。

目次

第1章 芸人クビの引きこもりニート、会社をつくる
第2章 タネと水で仲間を集める
第3章 仲間を見極める
第4章 仲間を成長させる
第5章 仲間との絆を深めるしくみ
第6章 顧客を仲間にする
第7章 取引先を仲間にする

著者等紹介

森武司[モリタケシ]
FIDIA(フィディア)株式会社代表取締役CEO。Financial Times「アジア太平洋地域急成長企業ランキング未上場日本一」、「ベストベンチャー100」受賞、経済産業省選定「地域未来牽引企業」。創業以来18年連続増収増益。1977年、大阪生まれ。高校卒業後、NSC(吉本総合芸能学院)入学。4年間お笑い芸人として活動し、吉本若手の大会決勝で野性爆弾と戦うも30対0の大敗北で引退。ショックを受け、そのまま4年間ニートとなる。高校時代の仲間、芸人時代の仲間の激励で一念発起。25年来の友達とわくわくエッサ有限会社を設立。いわゆる「社会的弱者」から企起業し、現在11事業で年商146億円まで伸ばしている。何も持たない負け組でも、仲間と起業して成功できる「仲間力アップマル秘マニュアル」を再現性のある形で確立。幼稚園から40年来の友達が役員。本書が初の著書(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるわか

9
事業で一番大切なのは【誰とやるか】。一緒に働く仲間には【能力、情熱(やる気)、人間性】が大事。事業で押さえるポイントは3つ【集客数、成約率、客単価(ライフタイムバリュー:LTV)】。みんなのやる気が出ることが目的で、人事評価制度は手段。【CxO(ChiefxOfficer)制度】でグループを横に統括する。ハイクラス人材をヘッドハントするのに大切なのは、既存メンバーの「質」と「情熱」と「しつこさ」。人間性を面接で見極める質問:なぜ前の会社を辞めたのか、大変だったプロジェクトはと質問し他責の理由が出てくるか。2024/03/17

りょうぶろぐ

7
やる気がもらえる1冊。 いい仲間が集まる環境を作ることの大切さと、人間力を学べます。2023/12/29

ゼロ投資大学

2
芸人からニートを経て、スタートアップを起業し年商146億円の会社を作った著者の起業論。著者は周囲の人間に恵まれ、事業を拡大してきた。本書執筆時点で11の事業を行っており、全て黒字とのことである。周囲に優秀な人材を集めるコツは、関係者に「君が今までで一番優秀な人材を教えてくれ」と聞いて、その人に直接スカウトに行くことである。社員が事業に失敗してしまっても、仲間を信じてさらなる挑戦で成功を目指す。2024/05/30

まんまる

1
会社設立前後の話をもっと詳細に知りたかった。2024/02/02

ザラシ

1
シンプルに「この人の生き方・働き方好きだなー」と思った。主に会社向けの内容だが、個人のパフォーマンスを高めるための仕組み作りにも役立つ情報もあるし、読んでいて使えそうだと思った。一方で、今まで読んだ本とも照らし合わせて、社長には営業出の人が多いのかなともちょっと思ったり。まぁ一から仕事を取ってこないといけないだろうし、理に適っているか。2023/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21629188
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。