河出文庫<br> べけんや―わが師、桂文楽

個数:

河出文庫
べけんや―わが師、桂文楽

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月16日 15時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309407562
  • NDC分類 779.13
  • Cコード C0195

内容説明

桂文楽に“一目ぼれ”、熱に浮かされたように落語の世界へ飛び込んだ筆者が見た、名人の芸と素顔。時代はまさに落語黄金期。高座はもちろん、日々の生活に至るまで、すべてが粋でまぶしかった…。昭和四十六年八月三十一日、伝説となった文楽最後の高座、その舞台裏も明かされる。

目次

第1章 一目ぼれ
第2章 ハンカチの思い出
第3章 師匠の食事
第4章 お座敷
第5章 夢の口上
第6章 最後の高座
第7章 道楽三昧
第8章 煙草入れとダイヤ
第9章 おかみさん
第10章 師匠の言葉
別章 べけんや

著者等紹介

柳家小満ん[ヤナギヤコマン]
1942年、神奈川県生まれ。落語家。東京農工大学中退。61年に八代目桂文楽に入門。71年文楽没後、五代目柳家小さん門下へ。75年真打
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件