ウソはバレる―「定説」が通用しない時代の新しいマーケティング

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 336p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784478026786
  • NDC分類 675
  • Cコード C0034

出版社内容情報

ブランディング、ロイヤルティ、ポジショニング……これまでの「常識」が通用しない時代の新しいマーケティング戦略

内容説明

マーケティングの「定説」の9割は、もはや通用しない!?消費者にウラのウラまで見抜かれる「絶対価値」の時代を生き残る新しいフレームワーク「影響力ミックス」とは?

目次

1 時代は「相対」から「絶対」へ(なぜソーシャル・メディアではマーケティングが効かないのか―経済学者が夢見る「完全情報」世界の到来?;消費者は本当に“不合理”なのか?―意思決定を操作する「心理戦術」はすべて無効に;ソーシャル・メディアが生んだ新しい「意思決定パターン」―「情報過多で消費者は混乱する」のウソ;「カスタマー・レビュー」がマーケターを凌駕する―絶対価値の時代へのシフトが止められない理由)
2 これからのマーケティングのかたち(失われゆく「ブランド」の価値―「ソニーだから安心」の終わり;ロイヤルティと顧客満足度も「過去」のもの―グーグルですら「これまでの実績」を見てもらえない;製品の普及パターンもキャズムも消えつつある―マイクロソフトが陥った「カテゴリー」の罠;ポジショニングや説得はムダ?―フェイスブック・フォンが「フェイルブック・フォン」に終わった理由)
3 新しいフレームワーク(「影響力ミックス」で考える顧客の意思決定パターン―「P・O・M」の3つの影響力を見極める;顧客とのコミュニケーションは適切か?(応用編1)―「認知」ではなく、「関心」を呼び覚まそう
市場調査の方法を180度転換しよう(応用編2)―顧客の動きは「予測」するのではなく、「追跡」するもの
顧客セグメンテーションを見直そう(応用編3)―騙されやすい市場から騙されにくい市場への変化
「絶対価値」はこれからどこへ向かうのか―「テクノロジー×データ」でツールは加速度的に進化する
「絶対価値」の世界で勝ち残るマーケターの新しい常識)

著者等紹介

サイモンソン,イタマール[サイモンソン,イタマール] [Simonson,Itamar]
スタンフォード大学ビジネススクールのセバスチャン・S・クレスゲ・マーケティング教授。消費者の意思決定に関する世界的な権威と評されていて、これまでに、消費者の選択、買い手の意思決定を動かす要因、マスカスタマイゼーションの限界など、マーケティングの中心的な概念について、新たな知見をもたらしてきた。その研究は数々の賞を受賞しているだけでなく、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなど、世界じゅうのメディアで取り上げられている

ローゼン,エマニュエル[ローゼン,エマニュエル] [Rosen,Emanuel]
ベストセラーとなった『クチコミはこうしてつくられる』(日本経済新聞出版社)の著者。同書で「口コミ・マーケティング」の時代の到来を予見し、後に実現したことで注目を集めた。かつてナイルズ・ソフトウェア社のマーケティング担当副社長として、同社の主力商品「EndNote」をリリース。精力的に講演もこなし、グーグル、インテル、ナイキ等の企業をはじめ、世界じゅうのフォーラムで観衆を惹きつけてきた。コピーライターとしての顔も持ち、「カンヌ国際広告祭(現カンヌライオンズ)」で2度の受賞歴を持つ

千葉敏生[チバトシオ]
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

96
マーケティング界では、ブランドやロイヤリティーによって消費者が購入意志を決定すると見られてきたが、もはやこれは過去の遺物。超情報時代を迎えた今、消費者はネットなどの情報によって、ブランドやロイヤリティーではなく、商品の絶対的な価格に気づき始めたという。確かに昨今のネットでは、価格比較サイトが重宝され、そこでクチコミという信頼できる情報を得ることができるようになった。◆巷のマーケティング本とは両極を成す内容。◆ネット情報が正しいという前提ではあるが、結局は消費者がどう考えるかにゆだねられているわけで...2020/03/14

飯田健雄

31
これも電通にとって痛い話だ。マーケティングは、購入者の嗜好、過去の信念、経験=Pとする、ユーザーのレビュー、価格比較ツール、専門家の意見=Oとする、そして、マーケティング手法、これをMとすると、将来は、Oの影響力がさらに増してくるという。精緻で厳格なアルゴリズムでの製品評価診断が可能になれば、マーケティング効果、ブランディング効果も薄れるという仮説に沿った本である。Oの評価診断が厳格さが進めば、多額の広告費を投じてまでして広告企業に依存することもなくなっていくというのが、結論である。2016/11/07

koji

13
著者の主張は、従来のマーケティングの定説(ブランド力・ロイヤリティは重要、顧客は不合理、過剰な選択肢による思考麻痺、ポジショニングこそ最重要課題)の9割は通用せず、これからは消費者が絶対価値(”唯一絶対でなく十分満足しうる状態”という意味)に基準を置いてくるので、P(過去の嗜好等)O(所謂他者のレビュー)M(マーケター)の3つの影響力をミックスして考える思考が求められるとするものです。その背景には当然インターネットの爆発的普及があります。私の周りを見ていると、確かに変化に気付きます。ウォッチしていきます。2016/10/07

GASHOW

9
ウソはバレる。なんて本質的なメッセージなのだろう。広告コミュニケーションにユーザーの声をとりいれる仕組みとなっているので情報は隠せないものとなっている。心理学を利用したナッジが流行っているが、消費者が手にする情報からは見透かされる。誠実でないことがリスクな時代となったようだ。2016/10/19

今野 富康

9
ネットによって顧客が商品の価値を判断しやすくなったということ。嘘のレビューはバレるし、沢山のレビューが集まっている場合には「嘘のレビュー」の効果は薄まってしまう。新しい商品でも、発売直後にネットにレビューがアップされるため、顧客はその情報を参考に購買判断をすることができる。嗜好性は影響力を持つがうつろいやすく、マーケターはそれほど信用されていないので影響力が小さくなっている。ただし、「他者の声」が影響しにくかったり、届かなかったり、顧客がそれにアクセス出来ない場合はマーケターは昔と同じく影響力を発揮できる2016/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11071767

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。