フィールド科学の入口<br> 食の文化を探る

個数:
  • ポイントキャンペーン

フィールド科学の入口
食の文化を探る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 21時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472182068
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0039

出版社内容情報

人は料理をする動物である。食べることは文化である。食文化を調査するフィールドワーカーたちが、「食」から人間とは何かを問う。人は料理をする動物である。食べることは文化である。食材は何か、いかなる調理法か、食べ方の作法は……? 生活に密着しすぎている「食」を対象化し、食べることを起点に、人間とは何かという問いにこたえる。人間活動のさまざまな局面に関係する食文化を調査するフィールドワーカーたちが、食から展開するテーマを考察する。

【?部 対談】

料理と共食、食卓というフィールドで(石毛直道・赤坂憲雄)

【?部】

食のフィールドワークとその記録術(森枝卓士)

食の生産と消費をめぐるフィールドワーク(原田信男)

【?部】

海の幸を利用するサルたち(辻 大和)

韓国の高齢者の食(守屋亜記子)

「ヨーグルト大国」ブルガリアをフィールドワークする(マリア・ヨトヴァ)

生活文化としての食、言語からみる食(阿良田麻里子)

インカの末裔たちは何を食べているのか(山本紀夫)



あとがき(赤坂憲雄)



石毛 直道[イシゲ ナオミチ]
編集

赤坂 憲雄[アカサカ ノリオ]
編集

内容説明

食の基本は共に食べること、共食である。この共食が人と人とを繋いでくれる。

目次

1部 対談・料理と共食、食卓というフィールドで
2部(食のフィールドワークとその記録術;食の生産と消費をめぐるフィールドワーク)
3部(海の幸を利用するサルたち;韓国の高齢者の食;「ヨーグルト大国」ブルガリアをフィールドワークする;生活文化としての食、言語からみる食;インカの末裔たちは何を食べているのか)

著者等紹介

石毛直道[イシゲナオミチ]
民族学者。京都大学で考古学を専攻する学生であったが、探検部員として1960年にトンガ王国、1963‐64年にはニューギニア中央高地のフィールドワークに従事するうちに、民族学の研究者になった。民族学のさまざまな分野での論考を発表

赤坂憲雄[アカサカノリオ]
フィールドワーカー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。