日本の伝記 知のパイオニア<br> 留岡幸助と自立支援

個数:

日本の伝記 知のパイオニア
留岡幸助と自立支援

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 23時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 176p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784472060212
  • NDC分類 K289
  • Cコード C8323

出版社内容情報

留岡幸助は、明治から昭和にかけて活躍した社会事業家です。家庭や社会からはじきだされた子どもの教育のために「家庭学校」をつくり、自然のなかでの家庭的な生活を通して独立自営のできる人間を育てました。「すてるべき人間はひとりもいない」という信念のもと、社会福祉に力をそそいだその生涯を幸助自身が語ります。

内容説明

留岡幸助は、いまから150年以上まえに生まれ、日本の児童福祉の基礎をつくった社会事業家です。豊かな自然のなかに家庭学校を開校し、悪さをした子どもの教育にとりくみました。本書では、社会福祉に力をそそいだその生涯を幸助自らが語ります。

目次

留岡幸助とわたし
はじめに 児童福祉の開拓者(藤井常文)
1 学問への望みとキリスト教 0歳~21歳
2 同志社英学校から教会牧師へ。21歳~27歳
3 監獄の教誨師として27歳~30歳
4 アメリカ留学と開校の準備30歳~32歳
5 家庭学校の開校32歳~48歳
6 北海道に農場(分校)を開く48歳~64歳
7 事業縮小と校長辞任64歳~69歳

著者等紹介

藤井常文[フジイツネフミ]
1949年、北海道生まれ。1973年、千葉大学人文学部卒業後、東京都に福祉指導職として就職。児童福祉施設、児童相談所などに37年間勤務。在職中の1985年、ノンフイクション児童文学賞(教育出版センター)に応募し、「ローソクの炎燃えつきても 留岡幸助はいま」、佳作入選。1992年、『留岡幸助の生涯 福祉の国を創った男』(京都・法政出版)を刊行。東京都を退職後、明星大学人文学部で9年間、教職につき、福祉援助技術、社会福祉発達史などの授業を担当する。2009年から2010年にかけ、映画「大地の詩 留岡幸助物語」(現代ぷろだくしょん)の制作・上映運動にかかわる。著書に『戦争孤児と戦後児童保護の歴史』(明石書店)などがある。現在、児童相談所で非常勤職員として新人児童福祉司の育成に当たっている。社会福祉士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

古谷任三郎

2
日本の児童福祉の父と呼ばれる留岡幸助の生涯を、日経新聞の『私の履歴書』や石原慎太郎の『天才』のように、一人称で書かれている。研究者が留岡に成り変わって語り口にした手法はユニークだ。留岡は激しい身分差別に疑問を抱き、キリスト教の信仰へ導かれる。同志社で学び、教誨師として北海道へ渡り、監獄研究のためアメリカに渡る。その中で悪さをした子どもたちを教育させる家庭学校への創立に力を注ぐ。その犠牲は多く、事業を一緒に手伝っていた先妻と後妻に先立たれる。その事を悔やみながらも児童福祉に身を捧げた留岡は称賛されるべきだ。2023/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20023626
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。