日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態

個数:

日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月23日 06時16分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 241p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784434169038
  • NDC分類 302.22

内容説明

石原慎太郎東京都知事が「東京が守る」と宣言した尖閣諸島。このわが国の領海を「核心的国家利益」と位置づける中国が描く奪取のシナリオとは。そして次に中国が狙うものは。その実態を知るほどに襲う恐怖と怒り。

目次

第1章 動き始めている資源と沖縄侵略作戦(中国マネーが日本国土を買い漁り、棄民が日本を占拠する;沖縄に中国の民が棄てられる ほか)
第2章 尖閣諸島をめぐる攻防(尖閣諸島が日本である歴史的事実;中国も日本領と認めていた尖閣諸島 ほか)
第3章 中国の非常識な実態(中国共産党と人民解放軍とは何か;踏みにじられるチベットの自然と心 ほか)
第4章 中国軍と共産党の裏事情(軍事的意味だけでない空母の存在;兵士の給与を大幅増額した中国軍 ほか)
第5章 中国軍幹部の危険な本音(血書を書いて日本攻撃を叫ぶ将官;「超限戦」という名の国家総力戦 ほか)

著者紹介

鳴霞[メイカ]
1957年、中国遼寧省瀋陽市(旧奉天市)生まれ。元中国共産党のエリートコースを歩むが、現在は日本に帰化。中学校で中国青年団のリーダーとなり、高校卒業後は東北の農村に下放され1979年に瀋陽市科技日本語学院に入学。1981年、中国航天部瀋陽市軍工企業の戦闘機・ミサイル製造現場(旧満州航空機株式会社)情報課日本語担当勤務。1982年来日、京都日本語学校を卒業し、兵庫・大阪の中国語学校で講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)