アカデミア叢書<br> 心身医学の最前線―医療と心理療法の新たな展開

個数:

アカデミア叢書
心身医学の最前線―医療と心理療法の新たな展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 09時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 146p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784422113128
  • NDC分類 493.09
  • Cコード C3011

内容説明

“病む人”まるごとを抱える医療とは?こころとからだの心理療法とは?生物的・心理的・社会的・実存的な健康回復を全人的/統合的にめざす“心療内科”の可能性、“心理療法”の重要な役割を探る。先取的にとりくむドイツ心身医学界に照らした―これからのメンタルヘルス対策。

目次

第1章 社会の課題(社会が挑戦する課題としての精神疾患、心身症;課題としての社会、技術、人口動態の変化;基礎科学の課題)
第2章 研究(治療に関する研究;疫学およびケアに関する研究;基礎研究)
第3章 心身医療/心理療法科におけるガイドラインに沿った治療法(疾患像;結論と展望―新しい病気:新しい治療法?)
第4章 心身医療/心理療法科におけるケア(外来ケアにおける心身医療/心理療法科専門医;病院における心身医療/心理療法科;コンサルテーション/リエゾンサービス;心身医学におけるリハビリテーション;予防と職場に関連した心身医学的介入;小児、若年者の心身医学)
第5章 医学部学生教育、専門医教育、研究者のための資格プログラム(医学部学生教育;継続教育において心理療法の資格を得る道;若手研究者のための資格取得プロセス)

著者等紹介

ヘルツォーク,W.[ヘルツォーク,W.] [Herzog,Wolfgang]
1998年よりハイデルベルク大学医学部心身医学/総合内科学講座の教授。専門は心身医学、内科学。とくに摂食障害、身体化障害などを研究。現在、ハイデルベルク大学医学部長、ドイツ医学部心身医学教官の常任会議代表

ボイテル,M.E.[ボイテル,M.E.] [Beutel,Manfred E.]
マインツ大学医学部心身医学/心理療法講座の教授。専門は心身医学、精神分析。とくにうつ病や不安障害などに対する心理療法と中枢神経系の変化について研究。2008‐2012年、ドイツ心身医学会(DKPM)理事長

クルーゼ,J.[クルーゼ,J.] [Kruse,Johannes]
2009年よりギーセン大学医学部心身医学/心理療法講座の教授。2011年よりマーブルク大学医学部心身医学/心理療法講座教授を兼任。専門は心身医学、精神分析。とくに糖尿病、ストレス関連疾患、疾病行動などを研究。現在、ドイツ身心医学心理療法学会(DGPM)理事長

中井吉英[ナカイヨシヒデ]
1942年京都生まれ。1969年、関西医科大学卒業、同大学大学院医学研究科入学(内科学専攻)。1972年、九州大学医学部心療内科入局。助手、講師を経て、1986年、関西医科大学第一内科講師。同助教授を経て、1993年、同大学第一内科学講座教授。2000年、同大学心療内科学講座初代教授。日本心療内科学会理事長、日本心身医学会理事長を歴任。現在、関西医科大学名誉教授、医療法人弘正会西京都病院名誉院長・心療内科部長

橋爪誠[ハシズメマコト]
1955年大阪生まれ。1980年、関西医科大学卒業。1982年、九州大学医学部心療内科に内地留学。1986年、医博。1995年、関西医科大学心療内科講師。1998‐2004年、松原徳洲会病院副院長・心療内科部長。この間2003年に、ドイツ・マーブルク大学心身医療科でsalutogenesisの研究。2004年から、大阪市都島区で橋爪医院を開業。専門は心身医学、アレルギー。2004年より日本心療内科学会国際交流委員会副委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

うつや、身体不調として顕わになる多様な問題に対処するため、「全人医療」の可能性を探る。ドイツと日本心療内科学会のコラボ。

多様な「生きかた」が可能な現代社会では「生きにくさ」も多様になってくる。うつや、からだの不調として、個々人に固有の「つらさ」として顕わになる問題は、医療のなかで身体疾患と精神疾患を併せ診て対応しなければならない。本書では、病因追求&苦痛除去パラダイムから脱却し、ひとりの人をまるごと抱える「全人医療」の可能性を展望する。先進国ドイツでの取り組みに照らして日本心療内科学会が発信する「心身健康社会」像!

1 章 社会の課題
社会が挑戦する課題としての精神疾患、心身症
課題としての社会、技術、人口動態の変化
基礎科学の課題

2 章 研究
治療に関する研究
疫学およびケアに関する研究
基礎研究

3 章 心身医学および心理療法”におけるガイドラインに沿った治療法
疾患像
結論と展望:新しい病気 新しい治療法?

第4 章 心身医療/心理療法科におけるケア
外来ケアにおける心身医療/心理療法科専門医
病院における心身医療/心理療法
コンサルテーション/リエゾンサービス―「火消し役」から統合的なケアモデルへ
心身医学におけるリハビリテーション
予防と職場に関連した心身医学的介入

5 章 医学部学生教育、専門医教育、研究者のための資格プログラム
医学教育
継続教育において心理療法の資格を得る道
若い研究者のための資格取得プログラム

【著者紹介】
Wolfgang Herzog(ウォルフガング・ヘルツォーク)1998年よりハイデルベルク大学医学部心身医学/総合内科学講座の教授。専門は心身医学、内科学、とくに摂食障害、身体化障害などを研究。現在ハイデルベルク大学医学部長、ドイツ医学部心身医学教官の常任会議代表。