会社荘園制―アメリカ型ウェルフェア・キャピタリズムの軌跡

個数:

会社荘園制―アメリカ型ウェルフェア・キャピタリズムの軌跡

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 546,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784832960510
  • NDC分類 366.253
  • Cコード C3034

内容説明

大企業は現代の「荘園」である。そこでは、会社という領主が従業員を領地に囲い込み、近代的な装いと内実をまとったさまざまな庇護をほどこす。前著『雇用官僚制』と併せ、20世紀アメリカ大企業の人事管理発達史を通観。

目次

第1章 ウェルフェア・キャピタリズムの到来
第2章 ウェルフェア・キャピタリズムの現代化
第3章 過去を保つ―イーストマン・コダック
第4章 やり方を変える―シアーズ・ローバック
第5章 会社組合を鍛え直す―トムソン・プロダクツ
第6章 荘園を越えて―政治と世論
第7章 労使関係の冷戦―1950年代以降のウェルフェア・キャピタリズムと労働組合運動