位相反転型エンクロージャの設計法―永久保存版 低音再生のための手引き (改訂版)

個数:

位相反転型エンクロージャの設計法―永久保存版 低音再生のための手引き (改訂版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月06日 11時10分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ B5判/ページ数 167p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416917749
  • NDC分類 547.31
  • Cコード C2055

目次

第1章 スピーカユニットの規格を求める(スピーカユニット単体でのインピーダンス特性;振動系等価質量を求める ほか)
第2章 スピーカユニットに適したエンクロージャ内容積を求める(システムとしての共振峰先鋭度の最大値を求める;αの基準値と適合範囲を求める ほか)
第3章 位相反転型エンクロージャにおけるチューニング周波数を求める(位相反転型エンクロージャの動作原理;チューニング周波数の最適値を求める ほか)
第4章 位相反転型エンクロージャにおけるダクトのすべて(ダクトにおける音波の振る舞い;ダクト断面形状を考える ほか)
第5章 設計例(169リットル・エンクロージャ+フォステクスW300A;210リットル・エンクロージャ+JBL2226H ほか)

著者等紹介

田中和成[タナカカズシゲ]
1947年、横浜市港北区(現・緑区)生まれ。電気工事業「進成電気商会」代表。日本音響学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2008年4月に刊行されたロングセラーの位相反転(バスレフ)型スピーカーシステム設計・製作例の改訂版です。

スピーカーにはカーオーディオ用の高品質ユニットなども採用し、新たに設計し直して製作した低域用エンクロージャーの実測データを掲載。
低域再生におけるユニットの能力を最大限に引き出すために、エンクロージャーとバスレフダクトなどを理論的に設計し、5例の新作を掲載しています。

■目次
口絵 オーディオルーム

第1章 スピーカユニットの規格を求める
1-1 スピーカユニット単体でのインピーダンス特性
1-2 振動系等価質量を求める
1-3 出力音圧レベルを求める

第2章 スピーカユニットに適したエンクロージャ内容積を求める
2-1 システムとしての共振峰先鋭度の最大値を求める
2-2 αの基準値と許容範囲を求める
2-3 エンクロージャ内容積を求める
2-4 エンクロージャの寸法を求める

第3章 位相反転型エンクロージャにおける チューニング周波数を求める
3-1 位相反転型エンクロージャの動作原理
3-2 チューニング周波数の最適値を求める
3-3 チューニング周波数の適合範囲を求める

第4章 位相反転型エンクロージャにおけるダクトのすべて
4-1 ダクトにおける音波の振る舞い
4-2 ダクト断面形状を考える
4-3 ダクト開口面積の基準値を求める
4-4 理想条件およびインピーダンス特性についての考察
4-5 真円直管の機械的長さを求める
4-6 矩形ダクトの機械的長さを求める
4-7 ダクトの開口位置を求める
4-8 見なし長さの波長による依存性の考察
4-9 ダクトを複数とした場合の考察
4-10 ダクトの形状についての考察
4-11 チューニング点の適合範囲を求める

第5章 設計例
5-1 設計例1 169リットル・エンクロージャ+フォステクスW300A
5-2 設計例2 210リットル・エンクロージャ+JBL2226H
5-3 設計例3 46.2リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W252PRS
5-4 設計例4 137リットル・エンクロージャ+パイオニアTS-W3000C
5-5 設計例5 513リットル・エンクロージャ+JBL2235H

***********************************