悪母

個数:

悪母

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408536859
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

ママ友の輪から悪夢が始まる――ラストに思わず二度読み。イヤミスの新傑作! これでもあなたは友達を信じられますか?

内容説明

この子と、幸せになりたいだけなのに―岸谷奈江と一人娘の真央は、入園を予定している有名幼稚園へ見学に向かう。ところが、園長の元には一通の匿名メールが届いていた。奈江が属していたママ友グループのいじめのために、家庭が崩壊してしまったという告発の内容だった。その後も、子どもたちの健やかな成長を呪うかのような、悪意に満ちた出来事が相次ぎ…追い詰められた奈江たちに待ち受けるのは救済か、破滅か!?

著者等紹介

春口裕子[ハルグチユウコ]
1970年神奈川県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。損保会社勤務の後、『火群の館』で第2回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

風眠

165
どこかに所属していないと不安になるのも分かる。けれど、どこにも所属しないほうがラクなのに、と私は思う。子どもの為?それとも自分が「ぼっち」と思われたくないから?私は母親になった事がないから、母親の気持ちなんて分からないでしょ、と言われてしまうだろう。だけど、子どもの為って、本当にそうなの?自分の為じゃなくて?と反論したい。ひとりでいる事を大切にするのと、友達がいないという事は同義語ではない。本当に困った時、損得なしで助けてくれるのが友達だと思う。ひとりでいても、頑張ってる姿を見てくれてる人はいるのだから。2017/01/06

takaC

147
悪母、恐ろしや。2017/03/17

ゆきこっち

112
本の中の話だけど、現実にも普通にありえる話。 他人事ではない… 2016/09/15

carl

110
困っちゃうママ達がスマホ片手愚行に走る。さらさらっと読めて面白かった。2017/02/27

おくちゃん🌱柳緑花紅

108
怖い!怖い!そして酷い!酷い!ママ友ってこんなに面倒だった?時代が違うだけなの?読後感、かなり悪いです。胸が張り裂けそうです。来年の春から幼稚園生になる孫娘、それにともない、娘もママ友とのお付き合いが始まる?!人との距離感に気をつけて、言葉に気をつけて、自分をしっかり持って、毅然とした態度を保て!子どもを比べることも、他の子を羨むことも、自慢することも何にも要らない。無理してお付き合いすることもない!親も子も強くなれ!2017/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11028835

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。