ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

個数:

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 12時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 177p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784393935057
  • NDC分類 761.12
  • Cコード C0073

内容説明

ボディ・マッピングによる「身体の上手な使いかた」。この本を読めば、あなたの演奏は確実に変わります。オルガニストに向けた補足の説明ついてます。

目次

第1章 基本的な考えかた
第2章 身体の構造をマッピングする
第3章 バランスの場所をマッピングする
第4章 腕と手をマッピングする
第5章 筋肉のマッピング
第6章 呼吸のマッピング
第7章 ピアノのマッピング
第8章 オルガニストのために
第9章 傷み・故障と再訓練

著者等紹介

マーク,トーマス[マーク,トーマス][Mark,Thomas]
アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド在住。ピアニスト、ピアノ教師。アンドーヴァー・エデュケーターズ所属教師として、音楽家向けのボディ・マッピングを中心にした学習プログラムを合衆国およびカナダで教えている

ゲイリー,ロバータ[ゲイリー,ロバータ][Gary,Roberta]
シンシナティ大学音楽院のオルガン科教授および鍵盤楽器部門主任

マイルズ,トム[マイルズ,トム][Miles,Thom]
シンシナティのIsaac M.Temple音楽監督、Christ Church Cathedralアシスタント・オルガニスト。スズキ・ピアノの教師でもある

小野ひとみ[オノヒトミ]
声楽家、アレクサンダー・テクニーク指導者協会(STAT)公認教師。相愛大学音楽学部非常勤講師。大阪音楽大学卒業後、欧米各国で声楽を学ぶうちにアレクサンダー・テクニークに出会い、1989年より本格的に学び始める。93年に帰国、日本人初のSTAT公認教師として活動を始める。91年にアマック・コーポレーションを設立、音楽家のための研修・研究やコンサートなどの活動の場を提供。コナブルのボディ・マッピングを教える「アンドーヴァー・エデュケーターズ日本」代表としても活動している

古屋晋一[フルヤシンイチ]
大阪大学大学院博士前期課程修了。現在、同大学医学系研究科博士課程にて、ピアノ演奏の熟練技術を神経生理学および工学的観点から研究している。ピアニストとしても演奏活動を行なっており、2002年日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、2004年ブロッホ音楽祭(アメリ)出演。現在までに成瀬修、中野慶理の各氏に師事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Sachi

9
アレクサンダーテクニークスに基づくボディマッピングの仕方の本。骨や関節、筋肉がどのような仕組みで動いているのか知り自分の身体の動きを認識に一つ一つ丁寧にあげていく訓練をすることで効率よくうまく自分の身体をつかって演奏できるようになる。特に鎖骨と肩甲骨ってこんな動きするのかと目から鱗。指を動かす筋肉って指にあるんじゃないんですね。そんなことも知らずに練習してきたのかと今更ながら驚きます。こういう事を教えてくれた先生は今まで一人も出会えなかった。2015/02/16

3
本格的に、解剖学的視点に踏み込んでいて、感動。楽器も一種の運動ですので、無理がかかれば身体を壊します。こういう本は大事だな、と感じます。2010/07/07

もい

2
今まで気にとめてなかった部分に気づかされました。 この本を読んで自分の癖を意識しながら弾いてみたら、手の痛みがほとんどなくなり驚きました。これからも実施していきたいと思います。 2013/10/07

3838

2
自分はピアニストではないが、過剰なタイピングにより指を故障した。ピアノを弾く動きとタイピングには相通じるものがあると思い、手に取った。結果、大正解。指や手首の動きを「おもいこみ」で動かしていたことがよくわかった。関節、筋肉、ひとつひとつの動きを確認しながら、これ以上の故障を防ごうと思う。2013/04/25

馬場

1
ページのほとんどを骨格とその動き方について解説し、ピアノについてのテクニックは無く、ピアノ弾いているときの身体感覚をどこまで把握できるか、そのためのボディマップを作る手助けになる本。骨の構造を知れば、骨で体重を支え筋肉に余計な力みを生むことがなくなる。また骨の動きが分かれば動作の起点から身体を無理なく大きく動かせる。身体を軽やかに自由に動かしたい全ての人にオススメ。 正直、「ピアニストなら」→「身体を動かすなら」に変えたいくらい応用範囲が広く、効果が大きいと感じる。2021/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/133183

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。