やぁ宮藤くん、宮藤くんじゃないか!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784391131888
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

35歳と46歳でしゃべろうと思った。宮藤官九郎がパーソナリティをつとめる人気ラジオ番組「キック・ザ・カンクロー」が本になりました。

著者紹介

宮藤官九郎[クドウカンクロウ]
1970年7月19日生まれ。宮城県出身。大人計画所属。脚本家、構成作家、俳優、ミュージシャンとして活動。「ウーマンリブ」シリーズでは作・演出を手がけ、バンド「グループ魂」では、暴動の名前でギターを担当。作詞・作曲、構成も手がける。TVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「ロケット・ボーイ」「木更津キャッツアイ」「ぼくの魔法使い」「マンハッタンラブストーリー」「タイガー&ドラゴン」の脚本の他、「リチャードホール」等バラエティの構成にも参加。映画『GO』『ピンポン』『木更津キャッツアイ―日本シリーズ』『ドラッグストア・ガール』『アイデン&ティティ』『69 sixty nine』『ゼブラーマン』の脚本を担当。『真夜中の弥次さん喜多さん』では初の長編映画を監督。『GO』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞など多数の賞を、「木更津キャッツアイ」で平成14年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、パルコ・プロデュース「鈍獣」で平成17年第49回岸田國士戯曲賞受賞、『真夜中の弥次さん喜多さん』で2005年度新藤兼人賞を受賞。2003年10月からTBSラジオ「キック・ザ・カンクロー」をスタート

港カヲル[ミナトカオル]
福島県出身。グループ魂の専属MC。「キック・ザ・カンクロー」とグループ魂での活動以外は、皆川猿時として舞台やテレビで俳優活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人気ラジオ番組「キック・ザ・カンクロー」が本に。クドカンと酒を呑んでる気になる、居酒屋トーク集です。