韓国浪漫彷徨―歴史と民俗に惹かれて

個数:

韓国浪漫彷徨―歴史と民俗に惹かれて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年04月25日 19時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784380170003
  • NDC分類 292.1

内容説明

永遠の隣国、韓国、もっとも日本に近い外国。日韓、近現代の歴史とともに重ねる彷徨…韓国で出会った忘れられぬ人たち。

目次

プロローグ 日本初のプロレタリア詩集『名乗り出る者』
第1話 安重根と千葉十七と大林寺
第2話 柳寛順への熱き思い
第3話 少年の夢と謄星台
第4話 景福宮と朝鮮総督府
第5話 ああ、板門店
第6話 漢拏山の輝きと叫び
第7話 「迎日湾の奇跡」とポスコセンター
第8話 「縮み志向」に魅せられて
第9話 パゴダ公園のハラボジ

出版社内容情報

永遠の隣国、韓国。もっとも日本に近い外国。
日韓、近現代の歴史とともに彷徨を重ねる…
韓国で出会った忘れられぬ人たち。永遠の隣国、韓国。もっとも日本に近い外国。

日韓、近現代の歴史とともに彷徨を重ねる…

韓国で出会った忘れられぬ人たち。

・安重根と千葉十七と大林寺

・柳寛順への熱い思い

・少年の夢と謄星台

・景福宮と総督府

・ああ、板門店

・ハルラ山と抗蒙殉義碑

・迎日湾の奇跡とポスコセンター

・「縮み志向」に魅せられて

・パゴダ公園のハラボジ



山川修平[ヤマカワシュウヘイ]
山川修平
1936年岩手県一関市川崎町生まれ。10代後半、肺結核のため長期療養生活を送る。高校時代より同人誌発刊。一関一高、早稲田大学(心理学科)卒。出版社勤務を経て独立、専門誌『著者と編集者』を発刊。著書『人間の砦』、『白磁の画家』『小説 北上川』『無頼派浪漫彷徨』(三一書房)等。