弟なんていらない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784378007625
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

パウルはお使いに行くとちゅう、不平たらたらでぼやきます。「こんな寒い日にも、ママはぼくを買いものに行かせる。おなかの赤んぼのせいだ。かがむと苦しいといって、そうじまでぼくにさせる。ぼくが、ママのおなかにいたときには、手伝いをさせるぼくはまだいなかったのだから、こんどだってぼくなしでもすむはずなんだ」せめて、ガールフレンドのリキにぐちを聞いてもらいたいと思っても、リキは近ごろ、なぜかパウルに知らん顔をしています。やれやれです。

著者等紹介

シンドラー,ニーナ[Schindler,Nina]
1946年生まれ。家族と共にブレーメンに住む。長年の教師生活をやめてまもない1992年、デビュー作の『インプット』を発表して本格的な文筆業にはいる。それ以前の20年間も、ドイツ語圏における児童文学誌のライター、批評家、文学賞の審査員など、常に本と関わりをつづけ、現在は作家・翻訳家として活躍中。数多く発表している作品も、児童小説だけでなく、ヤングアダルト小説、一般向けの長編読み物と幅広い

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部文学科(ドイツ文学専攻)卒業。訳書に『空白の日記』『ウルフ・サーガ』(共に福音館書店)『ウーヌーグーヌーがきた!』『耳の中の小人』『アンネがいたこの一年』『絵で見るある町の歴史』(共にさ・え・ら書房)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フェアリー

0
 パウルは、母親との二人暮しだった。父親とは、まだ小さい頃に別れていた。一年半前、ママの新しい恋人ベルントが家にやってきた。今度は赤ちゃんが生まれるというのだ。嬉しくないどころか、迷惑な話だ。 ベルントとパウルでサイクリングにでかけた。そこで「できあがっている家族のなかに、思いきって父親としてはいれて幸せだよ!」と言われとても嬉しかった。一人の家族として意見を求められることがパウルにとっては、何よりもうれしかった。その時どきに子どもの意見を聞いているかということが、とても大切なことと教えてくれる。 2011/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2675964

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。