弟なんていらない

個数:

弟なんていらない

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784378007625
  • NDC分類 K943
  • Cコード C8397

内容説明

パウルはお使いに行くとちゅう、不平たらたらでぼやきます。「こんな寒い日にも、ママはぼくを買いものに行かせる。おなかの赤んぼのせいだ。かがむと苦しいといって、そうじまでぼくにさせる。ぼくが、ママのおなかにいたときには、手伝いをさせるぼくはまだいなかったのだから、こんどだってぼくなしでもすむはずなんだ」せめて、ガールフレンドのリキにぐちを聞いてもらいたいと思っても、リキは近ごろ、なぜかパウルに知らん顔をしています。やれやれです。

著者紹介

シンドラー,ニーナ[Schindler,Nina]
1946年生まれ。家族と共にブレーメンに住む。長年の教師生活をやめてまもない1992年、デビュー作の『インプット』を発表して本格的な文筆業にはいる。それ以前の20年間も、ドイツ語圏における児童文学誌のライター、批評家、文学賞の審査員など、常に本と関わりをつづけ、現在は作家・翻訳家として活躍中。数多く発表している作品も、児童小説だけでなく、ヤングアダルト小説、一般向けの長編読み物と幅広い

松沢あさか[マツザワアサカ]
1932年、愛知県生まれ。名古屋大学文学部文学科(ドイツ文学専攻)卒業。訳書に『空白の日記』『ウルフ・サーガ』(共に福音館書店)『ウーヌーグーヌーがきた!』『耳の中の小人』『アンネがいたこの一年』『絵で見るある町の歴史』(共にさ・え・ら書房)など