幻冬舎新書<br> 自分の頭で考える日本の論点

個数:
電子版価格 ¥1,149
  • 電書あり

幻冬舎新書
自分の頭で考える日本の論点

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年07月01日 23時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 419p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784344986053
  • NDC分類 304
  • Cコード C0295

出版社内容情報

玉石混淆の情報があふれ、専門家の間でも意見が分かれる問題ばかりの現代社会。これらを自分で判断し、悔いのない選択ができるようになるには、どうしたらいいのか。「経済成長は必要か」「民主主義は優れた制度か」「安楽死を認めるべきか」等々。ベンチャー企業の創業者であり大学学長、そして無類の読書家である著者が、私たちが直面する重要な論点を紹介しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを解説。先の見えない時代を生きるのに役立つ知識が身につき、本物の思考力も鍛えられる、一石二鳥の書。

内容説明

玉石混淆の情報があふれ、専門家の間でも意見が分かれる問題ばかりの現代社会。これらを自分で判断し、悔いのない選択ができるようになるには、どうしたらいいのか。「経済成長は必要か」「民主主義は優れた制度か」「安楽死を認めるべきか」等々。ベンチャー企業の創業者であり大学学長、そして無類の読書家である著者が、私たちが直面する重要な論点を紹介しながら、自分はどう判断するかの思考プロセスを解説。先の見えない時代を生きるのに役立つ知識が身につき、本物の思考力を鍛えられる、一石二鳥の書。

目次

日本の新型コロナウイルス対応は適切だったか
新型コロナ禍でグローバリズムは衰退するのか
日本人は働き方を変えるべきか
気候危機(地球温暖化)は本当に進んでいるのか
憲法9条は改正すべきか
安楽死を認めるべきか
日本社会のLGBTQへの対応は十分か
ネット言論は規制すべきか
少子化は問題か
日本は移民・難民をもっと受け入れるべきか
日本はこのままアメリカの「核の傘」の下にいていいのか
人間の仕事はAIに奪われるのか
生活保護とベーシックインカム、貧困対策はどちらがいいのか
がんは早期発見・治療すべきか、放置がいいのか
経済成長は必要なのか
自由貿易はよくないのか
投資はしたほうがいいか、貯蓄でいいか
日本の大学教育は世界で通用しないのか
公的年金保険は破綻するのか
財政赤字は解消すべきか
民主主義は優れた制度か
海外留学はしたほうがいいのか

著者等紹介

出口治明[デグチハルアキ]
1948年三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命創業者。京都大学法学部卒。1972年、日本生命に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退社。同年、ネットライフ企画を設立、代表取締役社長に就任。2008年に免許を得てライフネット生命と社名を変更、2012年上場。社長・会長を一〇年務めたのち、2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひこうき雲

114
今までの出口氏の著書のまとめのような1冊。あくまでも氏の意見であり、自分の頭で考えることができる人は100%鵜呑みにはしないだろう。そのなかで、へーとなったこと2つ。「日本は出生数が86万4000人と少ないにも関わらず、人工妊娠中絶が16万件もあり、出生数の20%を占めている。この中絶問題を解決することで、人口を増加させることが可能」「スペインのイザベル1世とフェルナンド2世がユダヤ人を追放した。スペインはそれまで富を独占していたのに、ユダヤ人を追放してから一気に衰えた」2021/04/16

trazom

110
憲法9条、経済成長、民主主義、気候変動、安楽死など、政治・経済・社会に関わる22の論点に対し、「基礎知識」で事実関係を整理し、「自分の頭で考える」で著者の思考プロセスを開示するという構成。自ら「常識懐疑論者であり、かつ保守主義者」と語る出口さんの論考は極めて健全かつ正統的で、そのプロセス・結論ともに高い納得感がある(唯一、中国に対して、少し楽観的すぎる気もするが…)。また、随所に著者の人間的な温かさが溢れ、改めて、この「知の巨人」の人格的な素晴らしさに尊敬の念を深くした。とても勉強になる、いい本だと思う。2021/05/09

きみたけ

98
著者はライフネット生命の創業者出口治明氏。2018年に幻冬舎で開催した「出口塾・自分の頭で考える日本の論点」という連載講座での講義をもとに加筆した本。先日読んだ「人生を面白くする本物の教養」から先生の考えを詳しく学ぼうと手に取りました。「経済成長は必要か」「民主主義は優れた制度か」「安楽死を認めるべきか」など、私たちが直面する重要な論点を紹介しながら思考プロセスを解説。付録として、自分の頭で考えるための10のヒントがあり、今後の人生に役立ちそうです。2021/09/26

Nobuko

81
出口治明先生の思考のプロセス。面白かった。日本はもちろん、世界的に起きている問題などを基礎的に、とてもわかりやすく説明してから、"タテヨコ算数"といった物事を深く、多面的に捉えて、自分の頭で、自分の言葉で考えて答えを出す力を身につけるための糸口が書かれている。これは若い子達におすすめしたいと思いました。2021/01/21

inami

71
◉読書 ★4 TVによく登場するお笑い系コメンテーターのコメントを鵜呑みにしたり、ググった結果が真実だと思い込んだり・・とならないよう日頃気をつけているのだが(笑)。本書は、いまの日本や世界が直面している問題について、基礎知識の解説を含め出口さんのジャッジ(考え)が述べられている。付録に10のヒント(アドバイス)が載っていて、とても参考になる。答えのない問題が多い世の中(社会)、本書で取り上げているような問題について真剣に考えてみるのは、ホモ・サピエンスとしての義務ですね(笑)2021/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17015522

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。