光文社新書<br> 「女性活躍」に翻弄される人びと

個数:
電子版価格 ¥885
  • 電書あり

光文社新書
「女性活躍」に翻弄される人びと

  • ウェブストアに222冊在庫がございます。(2018年10月21日 12時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 275p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784334043407
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C0236

内容説明

女を縛り、男を悩ませる、産め、働け、輝けの三重殺。長年の取材から「女性活躍」時代のリアルを描く、徹底ルポ。

目次

第1章 管理職になりたがらない女たち(「産め」「働け」「活躍」の三重圧力;男の「しきたり」から外れる自由 ほか)
第2章 非正規でも前向きな女たち(“腰掛け”仕事のつもりが…;処遇よりも、やりがい ほか)
第3章 “敗北感”に苛まれる女たち(「勝ち組」専業主婦の今;息子を“お受験”という代理戦争に ほか)
第4章 男たちを襲うプレッシャー(女性登用に足をすくわれる;女性優遇は「逆差別」? ほか)
第5章 真に女性が輝く社会とは(女の人生は一様ではない;男女の「差異」を受け入れる ほか)

著者等紹介

奥田祥子[オクダショウコ]
京都市生まれ。ジャーナリスト、近畿大学教授(社会学)。元新聞記者。博士(政策・メディア)。ニューヨーク大学文理大学院修士課程修了。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。男女の生きづらさ、医療・福祉、労働、家族などをテーマに、ルポルタージュや評論、学術論文を国内外で発表。20年近くにわたり、取材対象者一人ひとりに継続的なインタビューを行い、取材者総数は男女合わせて400人を超える。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



奥田祥子[オクダ ショウコ]
著・文・その他