石原信雄回顧談―一官僚の矜持と苦節

個数:

石原信雄回顧談―一官僚の矜持と苦節

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月15日 18時54分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ キク判/高さ 23cm
  • 商品コード 9784324101643
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0031

内容説明

自治官僚として今日の地方財政制度の基盤を築き、内閣官房副長官として7人の総理に仕え、激動期を生き抜いてきた石原信雄氏の足跡!

目次

第1巻 我が人生を振り返る(公務員の仕事とは;茨城県庁時代;鹿児島県庁時代 ほか)
第2巻 霞が関での日々―自治官僚として(入庁から自治庁財政課で「見習い」として;自治庁財政課(交付税課兼務)課長補佐時代
財政課長から審議官(地方財政担当)、財政局長、自治事務次官として ほか)
第3巻 官邸での日々―内閣官房副長官として(後藤田さんのこと;竹下政権;宇野政権 ほか)