栄養生化学実験

個数:

栄養生化学実験

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 211p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784320061194
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C3077

内容説明

栄養生化学の分野においては、まず生体物質成分を分析することによって、化合物の構造やその役割を理解し、種々の物質や現象について、その構成単位である分子や原子を調べ、それらを反応させ、または再構築することによって全体像を追究し理解しようとする実験が多い。この意味から本書の実験題目の設定も類似のものや関連事項を含め基礎から応用に広範囲に及んでいる。

目次

第1章 実験を始めるにあたって
第2章 基本操作および機器測定の基礎
第3章 栄養成分分析
第4章 血液成分の検出
第5章 尿成分の検出
第6章 動物実験を用いた栄養生化学実験
第7章 免疫(グロブリン測定)
第8章 薬物代謝(解毒)
第9章 酵素反応実験
第10章 核酸(DNA)の実験

出版社内容情報

【解説】
わかりやすい短い文章と豊富な図版が特色の栄養学・生化学実験書。『食品衛生学実験』の姉妹書。

【目次】
実験を始めるにあたって・基本操作および機器測定の基礎・栄養成分分析・血液成分の検出・尿成分の検出・動物を用いた栄養生化学および栄養関連酵素実験他