料理なぜ、そうすると美味しくなるの?―この約束ごとを守らないといけない理由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309267739
  • NDC分類 596
  • Cコード C0077

内容説明

料理がうまい人の常識、ヘタな人の非常識とは。包丁を入れる、鍋を選ぶ、火加減、調味の手順…料理ごとの鉄則が確実に身につく上達本。

目次

1 定番メニューなぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「ハンバーグは、塩を加えてこねると味が良くなる」のはなぜ?
2 肉料理なぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「ステーキは、焼く直前に塩をふるとジューシーさが増す」のはなぜ?
3 魚料理なぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「サバの味噌煮は、三枚ではなく二枚におろすとうま味が出る」のはなぜ?
4 野菜なぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「サツマイモは、電子レンジではなく蒸し器でふかすと甘味が増す」のはなぜ?
5 卵・乳製品・豆腐なぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「湯豆腐は、湯に塩を入れるとふっくら美味しくなる」のはなぜ?
6 ご飯・パン・パスタなぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「チャーハンは、卵が半熟のときにご飯を入れるとパラリとなる」のはなぜ?
7 だし・汁もの・麺なぜ、そうすると美味しくなるの?―例えば「鍋物のだしは、カツオ節よりコンブのほうが具がうまくなる」のはなぜ?

著者等紹介

服部幸応[ハットリユキオ]
1945年、東京都生まれ。立教大学卒。昭和大学医学部博士課程修了。医学博士。(学)服部学園理事長、服部栄養専門学校校長、厚労・文科・農水各省の委員および(社)全国調理師養成施設協会会長、フランス料理アカデミー協会理事などを務める。フランス政府より国家功労勲章や農事勲章の「シュヴァリエ章」を受賞など、国内はもとより国際的にも活躍。テレビ番組『料理の鉄人』での名解説は、本格料理を進出させる原動力となった。このほか、『SMAP×SMAP』など数多くの番組の企画・監修・著述、さらに、食育を通じての講演活動に取り組んでいる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BEAN STARK

5
肉じゃがの玉ねぎ、じゃがいもの次に肉を炒める。みりんでじゃがいもの煮崩れを防ぐ。ステーキを焼くフライパンは20~30秒から焼きしておくと油がスーッとなじみ、肉が焦げ付かない。2020/10/28

shu_reading

1
食材の下ごしらえ・保存方法や焼く・煮る等の調理方法についてなぜそうするのかという理由が書いてある本。料理の本でやり方を書いてある本はよく見るがなぜそうするのか説明してくれててとてもためになった。料理好きな人にはお薦めです。 ちょっと買ってみたくなる本。2014/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/321847

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。