東京理科大学・坊っちゃん選書<br> 活力を与える「物理」―限界を探ることで見えてくる新しい世界

個数:

東京理科大学・坊っちゃん選書
活力を与える「物理」―限界を探ることで見えてくる新しい世界

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 131p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784274204586
  • NDC分類 420

目次

第1章 「もの」の総量は増えたり減ったりしない?―質量とエネルギーの保存則について
第2章 自然をより深く理解することが物理の基本―ルシャトリエ・ブラウンの原理から散逸最小の原理まで
第3章 無秩序から秩序への臨界点での特徴は何か―フラクタルと自己相似性
第4章 水が凍るという自然現象が教えてくれるもの―物理学的、数学的な秩序と無秩序とは?
第5章 秩序が生まれる、秩序がなくなる「限界」とは?―相転移のメカニズムを探ってみよう
第6章 拡張・変換の視点で限界・困難を乗り越える―てこの支点から変換の視点へ

著者紹介

鈴木増雄[スズキマスオ]
東京理科大学理学部教授。東京大学名誉教授。理学博士。元日本物理学会会長。1937年、茨城県生まれ。1966年、東京大学大学院博士課程修了。1983年、東京大学教授。1997年より現職。専門は統計力学および数理物理。特に相転移、秩序形成の研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)