依存症者を治療につなげる―対人援助職のための初期介入(インタベンション)入門

個数:
  • ポイントキャンペーン

依存症者を治療につなげる―対人援助職のための初期介入(インタベンション)入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 00時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 141p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784272420179
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0011

内容説明

依存症者の対応に困っている人たちへ。正しく行えば成功率80%。初期介入(インタベンション)を学べる待望の本。便利なチェックリスト付。

目次

第1章 依存症の理解と初期介入の必要性(疲れきってしまう周囲の人たち;必要とされる初期介入;知っておきたい依存症の初期症状 ほか)
第2章 初期介入の実際(初期介入の流れ;チームメンバーと三つの基本態度;チームづくり ほか)
第3章 とくに困難な例・家族の共依存・援助者のセルフケア(困難な背景と対応の留意点;家族と共依存の問題;とくに子どもに目配りを ほか)

著者紹介

水澤都加佐[ミズサワツカサ]
1943年生まれ。ソーシャル・ワーカー、カウンセラー。(株)アスク・ヒューマン・ケア取締役・研修相談センター所長。特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)副代表。治療・援助者のスーパーバイザー、企業や官庁のメンタルヘルスアドバイザーとしても活躍。’05年、横浜にHRI(Healing&Recovery Institute)を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

治療を受けようとしない依存症者に周囲は苦労し通し。本書で初期介入を体系的に学べば成功率は80%。チェックリスト多数付。

依存症者の周囲が一番苦労するのは、本人が治療を受けようとしないことです。初期介入はそのための技法で、正しく行えば成功率80%。本書は初期介入を体系化に学べる初めての援助職待望の本。便利なチェックリスト多数付。

第一章 依存症の理解と初期介入(インタベンション)の必要性
 疲れきってしまう周囲の人たち
 必要とされる初期介入(インタベンション)
 知っておきたい依存症の初期症状
  ◆アルコール依存症の進行プロセス
 依存症につきものの「否認」とは
 あわせて否認の背景を理解する
 否認への対応
  ◆面接技法
 対応のポイントと援助者の役割
 イネイブリングについて
 家族以外のイネイブラー
  ◆イネイブリング・チェックリスト
 イネイブリングをやめるとどうなるか
  ◆(「私(I=アイ)」を主語にした会話の例

第二章 インタベンションの実際
 初期介入の流れ
 チーム・メンバーと三つの基本態度
 チーム作り
 時間と場所
 具体的な例にそって
 リハーサル
  ◆リハーサルのチェックリスト
 介入の日
  ◆リーダーの役割 インタベンションの場面
  ◆リーダーの役割 アフターケア
 失敗したときにどうするか?
  ◆効果的なインタベンション
  ◆不成功に終わるインタベンション

第三章 とくに困難な例・家族の共依存・援助者のセルフケア
 困難な背景と対応の留意点
 家族と共依存の問題
 とくに子どもに目配りを
  ◆5つのタイプの子どもたち
 援助者がイネイブラーになってしまうわけ
  ◆専門職のイネイブリングとは
  ◆イネイブリングを避けるためのチェックリスト
 日々のセルフケアの大切さ
  ◆セルフケアチェック

【著者紹介】
(株)アスク・ヒューマン・ケア取締役研修相談センター所長、水澤都加佐カウンセリングオフィス所長。保健所・役所・企業のスーパーバイザーや、「インタベンション講座」の講師を20年以上つとめる。主な訳書に『自殺、なぜ? どうして』『子どもの悲しみによりそう~喪失体験の適切なサポート法』(大月書店)、著書に『自分を好きになる言葉』(講談社)、『もえつきの処方せん』(アスク)など。