ケンブリッジ世界の食物史大百科事典〈2〉主要食物:栽培植物と飼養動物

個数:

ケンブリッジ世界の食物史大百科事典〈2〉主要食物:栽培植物と飼養動物

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 726p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784254435320
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C3361

内容説明

本書では、植物栽培や動物飼育を扱い、植物に関する各章はすべて、どこでどのようにして、誰が最初に栽培化したかを述べ、その後の地球的広がりと地理的伝播について記述。動物性食物の章では狩猟動物、バイソン、魚から家畜化された動物に至るまでを扱い、ヒトを含めてすべての動物の植物界への依存を示している。

目次

A 穀類
B 根菜類
C 野菜
D ナッツ
E 食用油
F 調味料
G 動物性食物

著者紹介

三輪睿太郎[ミワエイタロウ]
1943年東京都に生まれる。1965年東京大学農学部卒業。現在、農業・生物系特定産業技術研究機構理事長・農学博士

出版社内容情報

農耕文化に焦点を絞り,世界中で栽培されている植物と飼育されている動物の歴史を中心に述べている。主要食物に十分頁をとって解説し,24種もの動物を扱っている。〔内容〕穀類/根菜類/野菜/ナッツ/食用油/調味料/動物性食物