文春文庫<br> 心では重すぎる〈上〉

個数:

文春文庫
心では重すぎる〈上〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月19日 05時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 481p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167915308
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

私立探偵・佐久間公のもとに、失踪した人気マンガ家を探す依頼が舞い込んだ。調査を進める一方で佐久間は、薬物依存者の更生施設「セイル・オフ」にいる少年、雅宗のため、ある女子高生に接触しようと試みる。雅宗はその彼女に飼い慣らされ、支配されている様子だった。しかも、誰もがその美少女を魔女と呼び恐れていて…。

著者等紹介

大沢在昌[オオサワアリマサ]
1956年3月、名古屋市生まれ。慶應義塾大学法学部中退。79年『感傷の街角』で第1回小説推理新人賞を受賞しデビュー。91年『新宿鮫』で第12回吉川英治文学新人賞、第44回日本推理作家協会賞、94年『新宿鮫 無間人形』で第110回直木賞、2001年『心では重すぎる』、02年『闇先案内人』で日本冒険小説協会大賞、04年『パンドラ・アイランド』で第17回柴田錬三郎賞、10年第14回日本ミステリー文学大賞、14年『海と月の迷路』で第48回吉川英治文学賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まげぽん

21
探偵の主人公。人探しが専門。上巻では2件の人探しを行う。少しノロノロした進捗具合に正直飽きそうになるが、後半からようやく敵である「魔女」の登場にグッと惹きつけられる。SMあり、暴力団あり、薬物あり‥盛り沢山であるが、全くどうなるのか分からない展開。下巻が楽しみだ。2020/09/09

もちもちかめ

18
読んだ。図書館で借りたけども、買えば良かった。これが賞とったのですね。途中だれるけどもそれは、20年前に洗脳を扱った先駆的で素晴らしい作品と思います。今は当たり前の洗脳に関する知識がズバリ浸透したおかげかと。渋谷のチーマーとか。チーマー、そんな言葉もう誰も使わなすぎてカタカナ表記変換しないのが。2021/04/14

よし

2
薬物更生施設と私立探偵、謎の高校生。バラバラな関係が繋がっていき、女子高生はなにをしたいのか、下巻に期待、2023/08/25

あっちぐま

2
下巻に続きます。2020/11/04

Naoko Fukumi Fujita

1
ブックメーター登録300冊目は二番目に好きな作家大沢在昌、人生の大半を一緒に歩んできた「週刊文春」連載の単行本、文春文庫の新装版の上巻!当時の「週刊文春」をとある事情で保管しており、この度読み返したところ某アイドルの種子島訪問、そしてそのお相手とかつてグループを組んでいた当時のファッションモデルが野球選手と結婚といった目玉グラビア。連載小説は大沢在昌、東野圭吾、宮部みゆきと超豪華、この号のお話は下巻に掲載されている。小説現代3月号によると2021年に新章始動とあり、私にとって大切なシリーズとなった。2020/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15950689
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。