文春文庫<br> 昭和史をどう生きたか―半藤一利対談

個数:
電子版価格 ¥750
  • 電書あり

文春文庫
昭和史をどう生きたか―半藤一利対談

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月20日 00時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 347p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167911089
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0195

内容説明

あの戦争の指揮官たちのそれぞれの戦後。硫黄島の戦いに殉じた栗林中将の手紙。東京空襲の空に凧を揚げていた少年。「阿部定事件」で中断した国会。反安保デモの終わった夜―。激動の「昭和史」を目撃した半藤氏と十二人の対話がポスト平成時代に問いかける。「私たちは『昭和』をこう生きた。君たちはどう生きるのか?」

目次

ふたつの戦場 ミッドウェーと満洲(澤地久枝)
指揮官たちは戦後をどう生きたか(保阪正康)
なぜ日本人は山本五十六を忘れないのか(戸高一成)
天皇と決断(加藤陽子)
栗林忠道と硫黄島(梯久美子)
撤退と組織(野中郁次郎)
東京の戦争(吉村昭)
戦争と艶笑の昭和史(丸谷才一)
無責任論(野坂昭如)
幕末から昭和へ 熱狂の時代に(宮部みゆき)
清張さんと昭和史(佐野洋)
戦後六十年が問いかけるもの(筒井喬)

著者等紹介

半藤一利[ハンドウカズトシ]
昭和5(1930)年、東京に生れる。作家。28年、東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役、同社顧問などを歴任。平成5(1993)年「漱石先生ぞな、もし」で第12回新田次郎文学賞、10年「ノモンハンの夏」で第7回山本七平賞、18年「昭和史」(全二巻)で第60回毎日出版文化賞特別賞、27年第63回菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

吉村昭と「東京の戦争」、野坂昭如と「無責任論」、丸谷才一と「戦争と艶笑」、野中郁次郎と「撤退と組織」…十二人と語る激動の時。あの戦争と歴史をめぐる12人との対話。

私たちは「昭和」をこう生きた。君たちはどう生きるのか?



「半藤昭和史」のエッセンスがここに!



【目次より】

澤地久枝 ふたつの戦場 ミッドウェーと満洲

保阪正康 指揮官たちは戦後をどう生きたか

戸?一成 なぜ日本人は山本五十六を忘れないのか

加藤陽子 天皇と決断

梯久美子 栗林忠道と硫黄島

野中郁次郎 撤退と組織

吉村昭 東京の戦争

丸谷才一 戦争と艶笑の昭和史

野坂昭如 無責任論

宮部みゆき 幕末から昭和へ 熱狂の時代に

佐野洋 清張さんと昭和史

辻井喬 戦後六十年が問いかけるもの

半藤 一利[ハンドウ カズトシ]
著・文・その他