文春文庫<br> わたしの渡世日記〈上〉

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

文春文庫
わたしの渡世日記〈上〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年07月19日 04時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167587024
  • Cコード C0195

出版社内容情報

複雑な家庭環境、義母との確執、映画デビュー、青年・黒澤明との恋。波乱の人生を常に明るく前向きに生きた女優・高峰秀子の一代記

内容説明

女優・高峰秀子は、いかにして生まれたか―複雑な家庭環境、義母との確執、映画デビュー、養父・東海林太郎との別れ、青年・黒沢明との初恋など、波瀾の半生を常に明るく前向きに生きた著者が、ユーモアあふれる筆で綴った、日本エッセイスト・クラブ賞受賞の傑作自叙エッセイ。映画スチール写真、ブロマイドなども多数掲載。

目次

雪ふる町
旅のはじまり
猿まわしの猿
土びんのふた
つながったタクワン
父・東海林太郎
母三人・父三人
ふたつの別れ
お尻がやぶれた
鎌倉山の女王〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

i-miya

54
2014.02.04(01/25)(つづき)高峰秀子著。 02/03 (P320) 運命線、真剣だった。 S26秋。 ジプシー女の手相見。 家庭の幸福追うこと、無駄、と出た。 S16、黒澤明、短いデートの心ときめかした。 母はマージャンを始めていた。 成城への道、小走る。 母の目を盗んでここへ来た、ザマアミロ。 ところが突然、母と管理人。 ゾロゾロ人、人。 母は卒倒。 1W、軟禁。 17歳私と黒澤、何も云わずに去る。 あとで山本嘉次郎。 二人婚約、ニュース。 山本、母、東宝専務森岩雄、びっくり。  2014/02/04

i-miya

46
2013.12.25(12/25)(つづき)高峰秀子著。 12/24 (p310) (黒澤明)盛岡、裸馬暴走事件。 「ベルリンオリンピック記録映画」黒沢とのデート。 S11、前畑秀子、200m平泳ぎ。 彼は毎晩布団部屋で脚本を書いていたのだ。 ◎恋心。 北海道、跡落書、アトラクションの旅。 江波和子は美しかった。 江波杏子は、その娘。 旭川、私の母の大見得。 私の実弟、孝市郎を私に引き合わす母。  2013/12/25

i-miya

42
2013.10.03(つづき)高峰秀子著。 2013.10.03 陸軍のテーブルにはカーキ色の毛布。 母さんにも食べさせたいな。 この気持ちはなんだろう。 (文庫まえがきに戻る) 二冊の本にたびたび登場する養母が亡くなったとたん、明るくなった、が夫の世話いがいが、抜けた。 (本文) 私の母、74歳。 天皇さまと同じ年であることが自慢。 最大の悲しみは私が育ち、手に負えなくなったこと。 10年前、ヘルペスのウィルスに犯されわたしの名も、自分の名も忘れた。 私の名は、「お母さん」、夫松山善三は「お父さん」。 2013/10/03

i-miya

40
2013.04.19(つづき)高峰秀子著。 2013.04.19 私の衣裳にこまごまと直してくれる人、入江たか子。 (写真)S20.10、入江手縫いのドレス、着て。 S18.01、『阿片戦争』、主演林則徐役に歌舞伎界から市川猿之助起用。 原と私、姉妹役。 私の次兄、隆三23歳、海軍航空隊の一員となった。 私は、終戦、航空基地、千葉県館山市で迎えた。2013/04/19

i-miya

38
2013.07.22(つづき)高峰秀子著。 2013.07.19 ◎『同期の桜』 最上や素、西条八十作詞。 作曲者、不明。 S19.10.25、神風特別攻撃隊、編成され、自爆戦術を敢行、まもなく唄流行しだし、民間でもよく歌われた。 私のとっても、最も印象の強い軍歌。 人々を熱狂させた軍国映画。 小道具係は弾丸や爆弾に似せた花火作成に忙しい。 女優は軍国将兵の慰問に忙しい。 総勢30人のチーム、車、フルスピード、カラダはがたがた。 2013/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537981
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。