絶対解答可能な理不尽すぎる謎

電子版価格
¥1,324
  • 電書あり

絶対解答可能な理不尽すぎる謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163908656
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

現代の謎は複雑すぎて、天才がたった一人で解決できる時代ではない! 特殊な専門性を持つ七人の素人探偵による新感覚ミステリー。七人の素人探偵が、ともに日常の謎を解く!

現代における「謎」は複雑すぎて、天才探偵が、たった一人で解決できる時代ではない!理系作家が新たに提案するのは、「特殊な専門性」を持つ七人の素人探偵たちが、「理不尽すぎる謎」を解き明かす「新感覚ミステリー」!

ミステリー作家・高沢のりおの周囲には、「謎」に満ちた事件が起きる。高沢は、自宅で何者かに殴られ、血を流して仰向けに倒れていた。相談があるといって呼び出されていたデザイナーや、ワイン評論家、編集者らが、「美人の罠に陥った」小説家殴打事件の謎を解く。知れば必ず人に話したくなる「うんちく」が満載のミステリー短篇を六話収録。

「大相撲殺人事件」の著者であり、ミステリー評論家 小森健太朗氏も「登場する作家・高沢のりお って、俺だよね!?この名探偵ものへの大胆な挑戦状を受けて立つ!」と大絶賛!

未須本 有生[ミスモト ユウキ]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっこ

59
ミステリ作家や映像作家や警察官僚などさまざまな職業の7人がそれぞれの専門知識を生かして日常の謎を解く…しっかりしたミステリかなと期待していたのですが、思いのほか軽くライトノベル風でした。私には合わなかったです。2019/11/01

takaC

47
どういう趣旨なのかよくわからなかった。謎解きが必須な事件とらしきものは1つくらいしかなかったような・・・2019/06/27

なつ

45
小説家、映像作家、警察、ワイン評論家、出版社の編集者、エンジニア、デザイナー。各人物が得意とする専門知識を駆使して謎に挑む連作集。事件らしい話もあるけどほとんどは日常の謎と言うのでしょうか。つまらないわけではないけど微妙でした。題名の理不尽って何だったのか。職業に関連したトリビアは面白いけれど・・・2021/03/10

sora

25
登場人物が友人仲間で、話もつながっていて、短編集でありながら人物もつながっているという、洒落と漫才みたいな「そんなばかな」という軽い話ですごく楽しかった。タイトルからは想像つかないけれど、表紙の絵は内容を表していているなぁと、読み終えてから思いました。2019/01/02

coco夏ko10角

23
タイトルで気になって手にしてみたけど、期待してた内容と違った。あと文章もちょっと合わなかった。2018/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12921705
  • ご注意事項