ハヤカワ文庫<br> 微睡みのセフィロト

個数:
電子版価格 ¥247
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
微睡みのセフィロト

  • 冲方 丁【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 早川書房(2010/03発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月20日 15時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309909
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

従来の人類である感覚者と超次元能力を持つ感応者との破滅的な戦乱から17年、両者が確執を残しながらも共存している世界。世界政府準備委員会の要人である経済数学者が、300億個の微細な立方体へと超次元的に“混断”される事件が起こる。先の戦乱で妻子を失った世界連邦保安機構の捜査官パットは、敵対する立場にあるはずの感応者の少女ラファエルとともに捜査を開始するが…著者の原点たる傑作SFハードボイルド。

著者等紹介

冲方丁[ウブカタトウ]
1977年岐阜県生まれ。早稲田大学中退。在学中の1996年に『黒い季節』がスニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年の『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞を受賞、「ベストSF2003」国内篇第1位に輝く。以来、小説・コミック・アニメ・ゲームといったメディアを超えるエンターテインメントの創り手として注目を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いおむ

38
初期作品の改訂版。その後の作品群の片鱗が窺えます。ヒロインの印象が最初から最後まで全体を優しく包んでいるような綺麗な感じの作品。もちろん暴力アクションてんこ盛りですが。この続きが是非読みたくなる良作です。ところどころに入る犬のヘミングウェイの人間臭いしぐさが面白い(^^)2019/01/02

きゅーま

25
<クイーン>を中心とする超次元能力を持つ感応者と従来の人類との間に起こった破滅的な戦乱から17年後の、両者が確執を残しながらも共存している世界が舞台。世界連邦保安機関の捜査官パットはある事件の捜査に感応者の少女ラファエルとその相棒のヘミングウェイとともに乗り出すことになる。短いのにすごくきれいにまとまっていました。そしてきれいにまとまっているだけじゃないのが冲方氏のすごいところ。揺るぎない信念を持って行動するラファエルがちょっと大人び過ぎているきらいもありますがかっこよくて好きです。2012/08/22

歩月るな

24
エンタメの全て、静謐だけど苛烈。面白かった。立場年齢性別色々違うけど共同捜査。二人と一頭、それが活きる残留芳香の設定が好き。犬がいる安心感。面白かった、とはいえ自分は「SF小説の面白さが解らない」人間なのかと序盤を読んでてショックを受けた。読み慣れていないせいかもしれないが、序盤は特にちと読むのに厳しいと感じた。途方も無い距離感を予期させると言うかそういう文章。初期作であるため、加筆訂正で著者自身もイラッと来る箇所もあるようで「冲方くんのアイディア・スケッチ」の様相を呈する。自作見直しに忌憚無い所は流石。2015/01/21

アイゼナハ@灯れ松明の火

24
短いお話なんですが、いっぱいアイデアが詰まってて、しかもちょっと照れ臭くなるくらい初々しい感じ。祈りにも似た未来への希望を感じさせるラストと合わせ、何か貴重なものを読ませてもらった気がしました。2010/03/10

雪守

21
冲方さんがあとがきで触れている通り、マルドゥックシリーズを中心に他作品のモチーフがあらゆる場面に見えるこの本。嫌いになる要素がまるで見えません。短くとも綺麗にまとまっており、混沌とした世界での希望を描き出した物語でした。2012/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550202

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。