NHKブックス<br> 山県有朋と明治国家

個数:

NHKブックス
山県有朋と明治国家

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911709
  • NDC分類 312.1
  • Cコード C1321

内容説明

高杉晋作のもと奇兵隊の軍監として幕府軍と、そして英米仏蘭の四国連合艦隊と戦い、明治新政府で首相として二度組閣した男、山県有朋。閥族・官僚の総本山、軍国主義の権化、侵略主義の張本人と批判されてきたその実像を、俊英が描き直す。一九世紀型の欧州秩序が崩壊する中、形成期の大衆社会の危うさを憂慮し、あえて「強兵」路線を担った山県から、近代日本とは何か、権力とは何かを考える。

目次

はじめに 忘れられた論争を手がかりとして
1章 山県有朋と明治国家の形成
2章 山県有朋の外交戦略
3章 山県有朋と明治国家の確立
4章 変革の予兆
5章 ポスト明治国家像の模索
おわりに 近代日本における山県有朋

著者紹介

井上寿一[イノウエトシカズ]
1956年生まれ。一橋大学社会学部卒業。同大学大学院法学研究科博士課程、同大学法学部助手等をへて、現在、学習院大学法学部教授。専門は、日本政治外交史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)