中公選書<br> 保守主義の精神〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

中公選書
保守主義の精神〈下〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年09月23日 07時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 424p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784121100337
  • NDC分類 311.4
  • Cコード C1310

内容説明

さまざまな急進主義が覇権をおさめた二十世紀において、後退につぐ後退を強いられた保守主義には、いま、どのような再生の道がありうるのか。伝統を重んじ、品位と慎慮に基づく社会を描きだす「保守主義の精神」、その可能性を示した完結編。

目次

第7章 過渡期の保守主義―ニューイングランド点描
第8章 想像力のある保守主義―ディズレーリとニューマン
第9章 法と歴史における保守主義―予感の時
第10章 保守主義の挫折―1865‐1918年のアメリカ
第11章 20世紀英国保守主義の漂流
第12章 批判的保守主義―バビット、モア、サンタヤナ
第13章 保守主義の約束

著者等紹介

カーク,ラッセル[カーク,ラッセル] [Kirk,Russell]
1918~1994年。アメリカの歴史家、社会評論家、文芸評論家。アメリカに「伝統保守」と呼ばれる思想潮流を打ち立てた。米国の幽霊伝説の収集などでも知られ、小説や短編集の著書もある。米ミシガン州生まれ

会田弘継[アイダヒロツグ]
1951年埼玉県生まれ。青山学院大学教授。米誌The American Interest編集委員。東京外国語大学卒業後、共同通信社に入社。ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。日本記者クラブ理事を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アメリカの戦後保守主義の原点といわれる思想家ラッセル・カーク。30歳代半ばで大学を辞め、ミシガン州奥深くの小村に戻って在野の表現者として生涯を終えた彼は、多くの思想家、政治家に影響を与え、「メコスタの賢人」と呼ばれるようになった。保守思想の始祖エドマンド・バークを研究し、バーク思想が英米でどのように継承されていったのか、その軌跡を現代まで描いたのが彼の主著『保守主義の精神』である。
カーク生誕百年にあたる2018年、最後の改訂版となった第7版をもとに日本語版を初刊行する。保守・リベラルの対立構図が崩れ、混沌としてきた現代政治の動きを掴むためにも、本書の存在はきわめて大きい。 
下巻に収録するのは原書の7章から13章。各章の表題は「過渡期の保守主義」「想像力のある保守主義」「法と歴史における保守主義」「保守主義の挫折:1865?1918年の米国」「20世紀英国保守主義の漂流」「批判的保守主義」「保守主義者の未来」である。訳者会田弘継(青山学院大学教授)による解説を付す。

ラッセル・カーク[ラッセル・カーク]
著・文・その他

会田 弘継[アイダヒロツグ]
翻訳