中公新書<br> 人口と日本経済―長寿、イノベーション、経済成長

個数:
電子版価格 ¥702
  • 電書あり

中公新書
人口と日本経済―長寿、イノベーション、経済成長

  • ウェブストアに88冊在庫がございます。(2017年08月18日 20時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121023889
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C1233

内容説明

人口減少が進み、働き手が減っていく日本。財政赤字は拡大の一途をたどり、地方は「消滅」の危機にある。もはや衰退は不可避ではないか―。そんな思い込みに対し、長く人口問題と格闘してきた経済学は「否」と答える。経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、日本が世界有数の長寿国であることこそチャンスなのだ。日本に蔓延する「人口減少ペシミズム(悲観論)」を排し、日本経済の本当の課題に迫る。

目次

第1章 経済学は人口をいかに考えてきた(日本の人口;中国の人口 ほか)
第2章 人口減少と日本経済(日本が消える?;超高齢社会の社会保障 ほか)
第3章 長寿という果実(先進国における出生率の低下;日本の出生率の推移 ほか)
第4章 人間にとって経済とは何か(経済とぜいたく;一国経済の活動水準―GDPの計測 ほか)

著者紹介

吉川洋[ヨシカワヒロシ]
1951年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、イェール大学大学院博士課程修了(Ph.D)。ニューヨーク州立大学助教授、大阪大学社会経済研究所助教授、東京大学助教授、東京大学大学院教授を経て、立正大学教授。専攻はマクロ経済学。著書『マクロ経済学研究』(東京大学出版会、1984年、日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞)、『日本経済とマクロ経済学』(東洋経済新報社、1992年、エコノミスト賞)、『転換期の日本経済』(岩波書店、1999年、読売・吉野作造賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人口減少が進む日本は衰退する運命なのか。人口と寿命を経済学の視点から捉えなおし、財政危機からAIまで日本経済の将来を考える。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件