中公新書<br> 広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

中公新書
広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月20日 05時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 296p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121019516
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1221

出版社内容情報

混迷の一九三〇年代、外相・首相として中国との関係修復を模索した広田。だが、戦争は泥沼へ。同情論が多い政治家・広田の実像に迫る

内容説明

日露戦争後、職業外交官の道を歩み始め、欧米局長・駐ソ大使など要職を歴任した広田弘毅。満州事変以降、混迷を深める一九三〇年代の日本で、外相・首相として、欧米との協調、中国との「提携」を模索する。しかし、二・二六事件以降、高圧的な陸軍と妥協を重ね、また国民に広がる対中国強硬論に流され、泥沼の戦争への道を開いた。東京裁判で唯一文官として死刑に処せられ、同情論が多い政治家・広田の実像に迫る。

目次

序章 二つの顔
第1章 青年期―福岡から霞ヶ関へ
第2章 中国と欧米の間―北京・ワシントン・モスクワ
第3章 外相就任と協和外交―対中国政策の理想と迷走
第4章 首相の一〇ヵ月半―陸軍との葛藤
第5章 「国民政府を対手とせず」―日中戦争初期の外相
第6章 帝国日本の瓦解―一重臣として
第7章 東京裁判―「積極的な追随者」の烙印
終章 訣別

著者等紹介

服部龍二[ハットリリュウジ]
1968(昭和43)年東京都生まれ。92年京都大学法学部卒業。97年神戸大学大学院法学研究科単位修得退学。博士(政治学)。拓殖大学政経学部助教授などを経て、中央大学総合政策学部准教授。日本外交史・東アジア国際政治史専攻。著書に『東アジア国際環境の変動と日本外交 1918‐1931』(有斐閣、2001年、平成13年度吉田茂賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

2ndkt

28
著者は『落日燃ゆ』(城山三郎)で描かれている広田が、実像と異なると感じ「慎重に描き直した」。「広田はむしろ軍部に抵抗する姿勢が弱く、部下の掌握もできずにおり、そしてポピュリズムに流されがち」であったと指摘。城山小説にはなかった、部下の回想(広田への酷評)などは、説得力がある。/『落日燃ゆ』と本書を併せて読み、読者各々が広田の実像や外交指導者の在り方について思いを巡らすことが望ましい。なお、本書の初版刊行は2008年で、城山氏逝去の翌年。本書に対する城山氏のコメント、反論を聞けなかったことが惜しまれる。2015/02/04

terve

26
A級戦犯において、絞首刑となった唯一の文官という人物についての本です。軍部に抵抗できず、ポピュリズムに流されがち。さらには大事な局面で熱意を失う。非常に人間らしい人物ではないでしょうか。対ソにおける考えは、やはり当時として唯一の存在でありましたが、マリクとの会合も不発に終わり、全てが裏目に出ている印象が、あります。本書のように実像を明らかにしていくものが増えていくと良いですね。2019/08/15

樋口佳之

23
皆さんのレビュー通りの本です。著者の著作3冊目ですが、この本も整理され、読みやすい内容だと感じました。/戦時期の叙述はやっぱり軍人中心になりがちな訳で、文官で唯一絞首刑となった悲劇の宰相というイメージしかなかった(小説は未読ですけど、ドラマの影響かな)廣田弘毅の像を得る事ができました。/夫人が自殺されてしまったことは読んでいて辛いものがありました。何らの責任もないだろうし、裁判の情状にも影響はなかっただろうに。2017/12/30

fseigojp

23
日本のアジア主義外交の源流を知るのに有益だった2015/09/19

遊々亭おさる

18
日本人の広田弘毅像は城山三郎氏の『落日燃ゆ』によって形作られているという。『落日燃ゆ』が文学として情緒的に人間広田弘毅に迫った作品とするならば、こちらは外交指導者としての政治能力にスポットを当てた伝記と言えるか。著者はかなり辛辣な姿勢で広田の消極的政治手腕を指摘する。曰く、広田に外相や首相を歴任させた事が日本の悲劇に繋がったと。当時は現代よりも複雑怪奇で喰うか喰われるかの世界情勢だったと想像するだけに、ちと口が過ぎるんじゃないですかいという気も。本来は失敗は許されない政治の世界で決断する事の怖さも思う。2016/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/494957

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。