近世随想集

個数:
  • ポイントキャンペーン

近世随想集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月25日 22時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 510p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784096580820
  • NDC分類 918

内容説明

学問も思想も百花繚乱の江戸時代。活気に満ちた当時の研究事情がしのばれる、評論・名所記から学者の内幕暴露話まで厳選傑作4編を収録しました。古今伝授についての聞き書き集「貞徳翁の記」、二人の隠者の軽妙・洒脱なやり取りが楽しい江戸名所記「紫の一本」、本居宣長の和歌論の処女作「排蘆小船」、学者の裏話を暴露する「しりうごと」を収録。

目次

貞徳翁の記
紫の一本
排蘆小船
しりうごと

出版社内容情報

江戸知識人の傑作随想四作品。二人の隠者が江戸中を巡り歩き、軽妙・洒脱にやり取りする『紫の一本』、本居宣長の処女評論集『排櫨小船(あしわけおぶね)』、学者の内幕を暴露する『しりうごと』、他に『貞徳翁の記』。

 江戸時代は長い戦乱の世が終わって、太平の世の中となり、その結果、様々な文芸ジャンルが一斉に花開いた時期です。中でも、日本の古典を研究する学問、国学も多様な形式を採りながら、深化、発展しました。ここに収録しました『貞徳翁の記』は松永貞徳が細川幽斎のもとで学んだことを記録したものです。『紫の一本』は二人の隠者が、江戸中を巡り歩き、古典を題材に軽妙洒脱にやり取りをします。『排櫨小船(あしわけおぶね)』は若き日の本居宣長が、自らの和歌観を率直に吐露したもので、宣長学の出発点を示す処女作として貴重であり、のちの宣長歌学全体を示唆する作品です。『しりうごと』は、いわゆる学者評判記で、学者仲間の内幕を暴露し合う、悪口、陰口のオンパレードです。